ムン・グニョン、5年ぶりに歴史ドラマ出演決定

ムングニョンの写真
女優のムン・グニョンが5年ぶりに歴史ドラマに出演することが明らかになった。

ムン・グニョンは、MBCドラマ「火の女神チョンイ(原題)」に出演し、主人公ユジョン役を演じる。同ドラマは、朝鮮最高の女性陶芸家ユジョンの人生や葛藤を描く歴史ドラマで、ムン・グニョンは2008年に放送されたSBSドラマ「風の絵師」以来5年ぶりの歴史ドラマ出演となる。「風の絵師」で朝鮮時代の天才画家を演じたムン・グニョンが、同ドラマでは陶磁器作りに情熱を燃やす陶芸家を演じるということでとても話題になっている。

所属事務所ナムクターズによると、ムン・グニョンは既に役作りをスタートさせており、15日には同事務所公式ツイッターを通じて、陶磁器制作の練習に励むムン・グニョンの姿が公開され、人々の関心が高まっている。

ムン・グニョンが出演するMBC月火ドラマ「火の女神チョンイ(原題)」は現在放送中の「九家の書」の後に続き7月からの放送される予定だ。

写真:ナムアクターズ公式ツイッター


ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません