SE7EN(セブン)軍入隊、「軍人としてベストを尽くします」

セブンの写真

写真:SE7EN(セブン)入隊前グラビア掲載の「ロフィシェル・オム4月号」

19日午後2時頃、京畿(キョンギ)道 議政府(ウィジョンブ)の306補充隊を通じ、歌手SE7EN(セブン)が入所した。

19日、SE7EN(セブン)が遂に軍に入隊した。SE7EN(セブン)の入隊現場には韓国はもちろん、海外のファンもSE7EN(セブン)の見送りに訪れた。
SE7EN(セブン)の所属事務所であるYGエンターテインメントによると、普段からSE7EN(セブン)と仲の良い同僚らが見送りのため現場に同行することを望んでいたが、混雑による事故の憂慮から遠慮するようにとし、またファンにも公式サイトを通じできるだけ自制してほしいと要請したとのことだ。

入所を前にしたマスコミインタビューで、恒例の敬礼ポーズを凛々しくきめたSE7EN(セブン)。入隊については「この年齢で入隊するのでとても申し訳なく思っている。軍生活をする間は軍人チェ・ドンウク(※本名)としてベストを尽くします」との意気込みを語った。また最近ひっそりと極秘入隊したことが話題となっていたユ・スンホについて触れ、「つい先日、ユ・スンホ君が静かに入所したが、とてもカッコいいと思った」とし、「不本意ながらお騒がせしているようで申し訳ない」とコメントした。
また、ファンや同僚について「親しくしていた仲間やファンのそばを離れることになり、とても恋しくなるだろう」との寂しさも明かした。

SE7EN(セブン)は同日、新曲「ありがとう」をYouTube公式チャンネルを通じて公開、ファンへの感謝の気持ちを伝えた。今後、SE7EN(セブン)は、基礎軍事訓練を受けた後、21カ月、現役兵として兵役の義務を全うすることになる。




ページ上部へ戻る