パク・シフ、被害者Aさんに1億ウォンで和解を提案

パク・シフの写真

性暴行容疑で告訴されている俳優パク・シフが被害者である女性Aさんに和解を申し出ていたことが明らかになった。

26日、ケーブル放送のTV朝鮮はニュースで「パク・シフが告訴された事実を知った後、すぐにAさんと和解を試みたがこれが決裂した」と単独スクープ報道した。

報道によるとパク・シフ側は「告訴された直後、和解金1億ウォンを提示したが、Aさんがそれ以上の額を要求してきたため和解は決裂した」という。

しかしAさんは「和解は絶対に出来ないという立場を表明した」とし、高額要求があったというコメントへの反発を露にしている。

パク・シフはソウル西部警察署の出頭通告を三度延期するとともに、所轄を江南警察署に変えるよう要求した。

警察は来月3月1日の午前10時にパク・シフが出頭しない場合、逮捕令状申請を検討すると通告している。

写真:TV朝鮮




関連記事

この記事も一緒にいかが?

この記事へのコメント💬

  1. ↓ この記事最初のコメントを書く

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA