キム・ボム 日本初の単独ライブレポート

キム・ボムの写真
今年6月にファーストアルバム『Home Town』を発売したキム・ボムが2012年11月21日(水)・22日(木)、品川プリンスホテル ステラボールにて初の単独ライブ「KIM BEOM JAPAN LIVE 2012」を開催しました。

キム・ボムのプロフィールを見てみる!


韓国版「花より男子~Boys Over Flowers~」や「恋愛マニュアル~まだ結婚したい女」などのドラマで一躍脚光を浴び大人気となった“俳優キム・ボム”。出演ドラマのOSTに参加し、そのセンスのある歌声が注目され音楽活動を開始。そして今年6月、撮影の合間を縫って約1年かけて作った待望のオリジナル・アルバム『Home Town』を発売し、リリースイベントの際には、お台場のイベント会場に入りきれない程の、のべ2,000人のファンが集結しファンの前で歌声を披露した。今回、待ちに待った念願の単独ライブが実現し、“歌手キム・ボム”としてステージに立った。

初の単独ライブは全編フルバンドという緊張感のあるステージとなり、ファーストアルバムのリード曲『Home Town』で幕を開けた。「花より男子」OSTの『今、会いに行きます』やファンからのリクエストという福山雅治の『桜坂』とL’Arc~en~cielの「HONEY」のカバーなど、バラードからロックまで幅広い楽曲で歌声を堂々と披露し、会場のファンを熱狂させました。
キム・ボムの写真2

最終日となる22日には「僕にとっても忘れることが出来ない2日間、そして今日は本当に特別な1日でした。皆さんにとっても特別で幸せな1日であればと思います。韓国に戻ったら素晴らしい姿を見せるために俳優業に専念しますので楽しみに待っていてください。また会う日までお元気で、そして今日のこの感情を忘れないでください。この僕の気持ちが全て皆さんに届くように祈りながら最後の曲をお届けします。」とラスト曲『太陽と月』を哀愁のある優しい歌声で披露しました。

また、終演時にはメッセージが流れ「ドキドキしましたが今日やっと皆さんの前で歌を披露出来たこと、本当に嬉しく思っています。僕は皆さんの笑顔や励ましによって幸せな気持ちになります。どんなにハードなスケジュールも仕事で疲れていても、皆さんの笑顔を思い出すと、もう一度顔を上げて力を出すことが出来るんです。アルバム『Home Town』や今日のステージはいつも僕に勇気をくれる君への贈り物です。受け取ってくれますか?そしてこれからも僕のそばにいてくれますか?僕の成長していく姿を一番近くでいつも見守っていて欲しいです。いつもありがとう。沢山の感謝の気持ちと愛を込めて“愛しています”皆さんを愛するキム・ボムより。」とファンに日本語でメッセージを送ると会場からは大きな拍手で包まれました。また帰り際には日本語で書いたメッセージカードが渡されるなど、心のこもった初ライブとなりました。
キム・ボムの写真3

2011年に開設されたfacebookではオープン10日で“250万の友達”を記録し(11/1現在4,162,677人)、facebook俳優ランキング5位に登場、アジアのみならずアメリカ、フランス、メキシコ世界20カ国もの人々からアクセスがあるほど、世界中から注目を浴びているキム・ボム。2011年新作ドラマ「パダムパダム~彼と彼女の心拍音~」では11キロもの減量で役作りに取り組み、これまでの可愛らしく少年のようなビジュアルを脱し、鍛え上げられた肉体と凛々しい青年の姿を披露して大きな話題となった。また映画「ミラクル」(主演キム・ガンウ)では殺人事件を予知するというミステリアスな青年役でスリラー映画に挑戦。そして来年放送のKBSTV2新作ドラマ「その冬、風が吹く(原題)」の出演も決定し、今後ますます活躍が期待される。

【セットリスト】
#1.Home Town
#2.My Old Friend
#3.雪月花
#4.今、会いに行きます ※韓国ドラマ「花より男子より」)OSTより
#5・Day Break
#6.桜坂(福山雅治 cover)
#7.HONEY(L’Arc~en~ciel cover)
#8.俺のギターの弦を切った女(ロック編曲)※韓国ドラマ「恋愛マニュアル~まだ結婚したい女」OSTより
#9.君のための歌
(アンコール)
#10.夢の後先
#11.太陽と月

キム・ボム日本公式HPサイト http://www.kimbeom.jp/

◆取材後記
歌の合間には手でハートを作ったり、沢山の声援に笑顔で応えていました。生バンドという緊張感たっぷりの初ライブ、凄くカッコ良くて素敵でした!ぜひまた歌う姿を楽しみにしています。そして俳優としての新しい姿も期待しましょう!

取材日:2012年11月22日(木)


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る