フォトシネマ朗読劇に次いで新たなプロジェクトが始動! ステージからスクリーンへ新たなる次元へ! 「最果てリストランテ」  映画化決定!! 村井良大 ジュンQ(MYNAME)コメント到着!!

現在、TOKYO FM HALLにて絶賛公演中!スチール写真と朗読劇を融合させた全く新しい朗読劇『フォトシネマ朗読劇 最果てリストランテ(脚本:松田圭太/演出:奥村直義/スチール:諸江亮)』(4月15日まで)が、新たなプロジェクトとして、映画化が決定した。

この度、朗読劇上演中のTOKYO FM HALLにて、映画の主演を務める村井良大が、ギャルソン岬を、ジュンQ(MYNAME)が料理人のハンを演じる。二人に映画化への意気込みを語ってくれた。

村井良大「朗読劇をやっていく中で、どんどん『最果てリストランテ』の世界観に没入していった。実は映像化したらどうなるんだろう?とずっと考えていたんです」

ジュンQ(MYNAME)「1人での活動、挑戦は初めて。毎日が新しいことだらけ。こういう機会をもらえて嬉しいし、これからいろんな演技に挑戦したい。日本映画の雰囲気が大好きです。日本の皆さんに韓国人の僕の演技がどこまで伝わるか。がんばるので期待していてください」

村井良大「朗読劇を観た方々からDVD化してほしいという声を多くいただいている。映画という形で映像に残せることがうれしい。新たな俳優の方たちとお芝居できるのが今からすごく楽しみです」

また、会場ではその他の出演者も発表。井澤勇貴、真宮葉月、今野杏南、鈴木貴之、酒井萌衣、山口いづみ、芳本美代子、堀田眞三、多彩なキャストが脇を固めます。映画「最果てリストランテ」は2019年に公開予定です。

<映画版ストーリー>
これはとある場所の小さな小さなレストランの物語。そのレストランの営業時間は決まっていない。そこは人生でたった1度しか訪れることが出来ない。三途の川を渡る前、最後の晩餐をとるためのレストラン。
そのレストランでは料理の注文をすることは出来ない。できるのは最後の晩餐の相手を選ぶこと。選べる人の条件は既に亡くなられている方、1人に限るということ。相手が決まれば料理も自然に決まる。そのレストランでは全身黒ずくめのギャルソン、岬(村井良大)が客人を迎え入れ、韓国人のハン(ジュンQ)が料理でもてなす。レストランに訪れる人達の思い出の料理を振舞い、その料理を口に運んだ人達はみな笑顔になり饒舌になる。そして新たな旅路へと向かっていく。一方、岬とハンは記憶の全てを現世に置き忘れてきてしまっていた・・・。
監督・脚本:松田圭太 
撮影:カトウジュンイチ 
出演:村井良大/ジュンQ(MYNAME)/井澤勇貴/真宮葉月/今野杏南/鈴木貴之/酒井萌衣/山口いづみ/芳本美代子/堀田眞三



▼この記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »