iKON(アイコン)、 本国デビューから最速の日本ドームツアー遂に開幕!新曲「BLING BLING」も初披露!

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!


iKONが本日5月20日(土)、海外アーティストの本国デビューから史上最速となる1年9ヶ月での日本ドームツアー【iKON JAPAN DOME TOUR 2017】を京セラドーム大阪公演からスタートさせた

開演時間も迫ってきた会場では、50,000人のファンが今か今かとライブスタートを待っていた。

場内が暗転し、オープニングを告げる楽曲とともに巨大なLEDスクリーンにライブの開始を告げる映像が流れ、メンバーの登場と共に大きな歓声がわき起こった。一瞬の暗転の後始まった1曲目は、5月22日(月)に韓国リリースとなる新曲「BLING BLING」。
今回初披露となった新曲からの幕開けに会場の興奮は一気にピークに達した。さらに立て続けに「SINOSIJAK REMIX」「JUST ANOTHER BOY」と人気曲でたたみ掛け会場を沸かせた。

MCでは「ここが噂のドームのステージですね!今日はぶっ飛ばしていくのでついてきてください!」「たくさん準備してきたので最後まで楽しんでください!」とファンに伝え、さらに8月16日(水)には日本オリジナルとなるミニアルバム『NEW KIDS : BEGIN』の発売も発表された。

今回のドームツアーではB.IやBOBBYのソロ曲が新たなアレンジで披露されたほか、デビュー曲「MY TYPE」もアコースティックVerで披露されるなどこのツアーのために用意された新たな魅力をみせるステージとなった。

また、アリーナツアーから継続して、今回もアリーナ席を囲むように花道があり、ドーム公演にもかかわらずどの席からでもメンバーを間近に感じられるステージとなりメンバーも一人一人ファンとの距離を楽しみながらライブは進んでいった。

また今までのツアーでは無かった、ダンスに定評のある彼らならではの激しいダンスパフォーマンスを披露するコーナーで会場を沸かせたり、2014年デビュー前にTEAM Bとして出演した「YG FAMILY WORLD TOUR 2014 -POWER- in Japan」にて初来日時に撮影された挨拶の映像を見ながら当時を再現し、改めてiKONとしてワンマンでドームのステージに立てた喜びを語った。

本編ラストに向かっては人気曲の「RHYTHM TA REMIX (ROCK Ver.)」「DUMB & DUMBER」などを披露し、本編最後は「WELCOME BACK」で終了した。

アンコールのMCでは、ユニョンからファンへ向けドームのステージに立てたことへの感謝の気持ちを伝える手紙を読み上げ涙ぐむ一面もあり、最後に「RHYTHM TA REMIX (ROCK Ver.)」で会場隅々のファンの近くへメンバーそれぞれが行き、ライブを楽しみ、感謝を直接伝えながら、ツアー初日は興奮のピークが途切れることなく幕を下ろした。

この日は、全国各地の映画館で初のライブビューイングも行われ、当日ライブに来ることができなかった各地のファンも楽しんだ。さらに6月10日(土)にはテレ朝チャンネルでの放送も決定しているのでツアー初日を見られなかったファンは楽しんでもらいたい。

MCでも発表された、8月16日(水)リリースのミニアルバム『NEW KIDS : BEGIN』はライブ1曲目で披露された「BLING BLING」のほか、「B−DAY」などを収録予定。さらにDVDには「BLING BLING」・「B−DAY」のミュージックビデオ、メイキング映像を始め、初出演となった「a-nation 2016 stadium fes.」ライブ映像、「iKON JAPAN TOUR 2016」のツアー終了後に日本での休日に密着したオフショット映像など、充実の映像コンテンツも収録予定。さらにメンバー別となる全7種類のPLAYBUITTON (缶バッジ型音楽プレイヤー)も同時発売となる。また5月22日(月)には『NEW KIDS : BEGIN』の韓国リリースも決定している。

この後6月17日(土)には埼玉・メットライフドームでのツアーファイナル公演、8月16日(水)にはミニアルバム発売と今年も益々その活動から目が離せなくなりそうだ。

この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »