「被告人」少女時代ユリ、チソン&イ・ボヨン夫婦から演技のアドバイスもらう!!「2人は理想の夫婦」

写真:SBS「被告人」

「被告人」に出演する少女時代のメンバー、ユリがチソンとイ・ボヨン夫婦から演技のアドバイスをもらったことを明らかにした。

19日、ソウル市陽川(ヤンチョン)区木洞(モクトン)SBSで新しい月火ドラマ「被告人」の製作発表会が開催された。

制作発表会には、俳優チソン、少女時代 ユリ、オム・ギジュン、オ・チャンソク、オム・ヒョンギョン、シン・リナ、チョ・ヨングァンプロデューサーらが出席した。

ユリは、「チソン先輩は、最初に台本の読み合わせをしてから撮影するまで、実際に先輩がとても忙しい時間を割きながらも私に余分な時間を奪われながらの演技のアドバイスをたくさんしてくださった」と感謝の気持ちを伝えた。

またユリは、「ボヨンお姉さんも大きな助けとなった。チソン先輩が家に招待してくださって、台本の読み合わせをしてくださった。私とチソン先輩が一緒に登場するシーンが多く、前​​作でイ・ボヨンお姉さんが国選弁護士の役をしたことがあり、お姉さんが親切に沢山話してくださった」と話した。

そして「演技のアドバイスだけでなく、2人の姿が私には理想的な夫婦の姿だ。この作品を準備しながら、色々とアドバイスをもらったようだ」と笑顔を浮かべた。

「被告人」は、娘と妻を殺した濡れ衣を着せられた検事パク・ジョンウ(チソン)が失われた4ヶ月間のために闘争する記録であり、すべての人々を騙した衝撃的な悪人チャ・ミンホ(オム・ギジュン)を相手に繰り広げられる復讐を描いた作品。ユリは、パク・ジョンウを助け、希望を与える新人弁護士ソ・ウネ役を演じる。SBSドラマ「被告人」は、23日に韓国で初放送される予定だ。




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »