Nine Musesヘミ、ファンへの熱い思いを語る「いつもファンに申し訳ない気持ちが・・・」

    ガールズグループNine Muses(ナイン・ミュージス)のメンバー、ヘミがファンに対しての思いを伝えた。

    10日午後、ソウル江南(カンナム) 区640アートタワーでWebドラマ「お兄さんが消えた」(脚本:キム・ミユン、演出:チョ・ヒョンテ)の製作発表会が開かれ、ヘミとTEENTOP(ティーントップ)のCHANGJO(チャンジョ)が出席した。

    同席でヘミは、Nine Muses(ナイン・ミュージス)のメンバー脱退が多かったことについて、「いつもファンの方々にとても申し訳ない気持ちが大きかった」と告白した。

    そして「経験しなくても良いことだが、Nine Muses(ナイン・ミュージス)になって多くのことを経験した。申し訳ない気持ちが大きいが、最後まで応援してくださり、とてもありがたく、一生返していきたいという思いだ」とファンに感謝した。

    また今後のNine Muses(ナイン・ミュージス)の活動予定についてヘミは、「新しいアルバムを一生懸命レコーディング中だ。遅くとも2月末までに新しいアルバムでご挨拶することが出来そうだ」と明らかにした。
    そして「前進しているグループだから期待していただきたい」とファンに応援をお願いした。

    「お兄さんが消えた」は、物を分析して人を探す探偵コン・ジュンギの元に自分を兄を探してくれというミステリアスな女性ユ・リエが現れることがから展開していくWebドラマ。 11日から16日までNAVER tvcastで毎日午後12時に公開される予定だ。

      この記事もよく読まれています!

      ページ上部へ戻る
      Translate »