BIGBANGの系譜を継ぐ大型新人iKON(アイコン)、第58回日本レコード大賞『新人賞』受賞!

ikon韓国YG ENTERTAINMENTが放つ、BIGBANGの系譜を継ぐ7人組ボーイズグループ、iKON(アイコン)。
iKONは、YG ENTERTAINMENTが企画したサバイバルTV番組「WIN:Who Is Next」(2013年放送)、「MIX & MATCH」(2014年放送)より輩出された、平均年齢19歳の7人組ボーイズグループ。

1月13日(水)に発売された日本デビューアルバム『WELCOME BACK』はオリコンデイリーCDアルバムランキングで初登場1位を獲得。そして9月28日(水)リリースの日本オリジナルシングル「DUMB & DUMBER」は、オリコンウィークリーCDシングルランキング1位をはじめ、ビルボード・ジャパン・HOT100で1位、ビルボード・ジャパン・トップ・シングル・セールス・チャート1位の3冠を達成した。2016年は日本アリーナツアーとして、【iKONCERT 2016 SHOWTIME TOUR IN JAPAN】を実施し、福岡・東京・神戸・千葉・大阪の全国5都市14公演で14万6,000人を動員。同年行われた【iKON JAPAN TOUR 2016】は全6都市16公演で17万6,000人を動員し、2016年デビューの新人アーティストとしては最多となる年間32万2,000人動員と驚異の人気を示している。

そんなiKONが、第58回 輝く!日本レコード大賞にて「新人賞」を受賞する事となった。
過去には所属事務所の先輩であるBIGBANGが2009年に、2NE1が2011年に同賞を受賞している。
なお、授賞式は12月30日(金)にTBS系「第58回 輝く!日本レコード大賞」にて17:30より全国生放送される

2017年にはアリーナツアーのアンコール公演となる【iKON JAPAN TOUR 2016~2017】の開催も決定。
初の横浜アリーナ公演を含む今回のツアーは、2017年2月10日(金)、11日(土)の大阪・大阪城ホールを皮切りに、3月11日(土)福岡・マリンメッセ福岡、3月18日(土)、19日(日)、20日(月・祝)神奈川・横浜アリーナまでの全国3都市9公演で12万人を動員する予定だ。
この追加公演を受け、【iKON JAPAN TOUR 2016~2017】は全7都市25公演で総動員数29万6,000人と、新人のワンツアーとしては驚異的な数字となる見込み。
さらにファーストツアーを含めるとデビュー約1年で早くも44万2,000人動員となり、加速度的な人気と彼らの日本での注目度の高さを感じさせる。

また、【iKON JAPAN TOUR 2016】で初披露されそのパフォーマンスが話題を呼んでいるWINNERのMINOとiKONのBOBBYによるユニット’MOBB’のジャパンデビューミニアルバム「THE MOBB」のリリースは12月28日(水)に決定している。本作は、BOBBY『HOLUP!』、MINO『BODY』といったソロ・デビュー曲をはじめ、MOBBとしてのタブル・タイトル曲の一つであり、MINOとBOBBYがYGを代表するプロデューサーTEDDY、CHOICE37と共に作り上げた『ブンビョ (FULL HOUSE)』の新録日本語バージョン等を収録。さらに韓国オリジナルバージョンも全曲網羅された豪華収録内容予定となっている。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »