BIGBANGの系譜を継ぐ大型新人iKON(アイコン)、2度目の日本アリーナツアーファイナル公演!今年デビューの新人としては最多となる年間32万2,000人動員!【オフィシャルレポ】

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

ikon1026_4-2韓国YG ENTERTAINMENTが放つ、BIGBANGの系譜を継ぐ7人組ボーイズグループ、iKON(アイコン)。
iKONは、YG ENTERTAINMENTが企画したサバイバルTV番組「WIN:Who Is Next」(2013年放送)、「MIX & MATCH」(2014年放送)より輩出された、平均年齢19歳の7人組ボーイズグループ。1月13日(水)に発売された日本デビューアルバム『WELCOME BACK』はオリコンデイリーCDアルバムランキングで初登場1位(1月12日付)を獲得。このアルバムを引っさげた初の日本ツアー【iKONCERT 2016 SHOWTIME TOUR IN JAPAN】では福岡・東京・神戸・千葉・大阪の全国5都市14公演のアリーナツアーを実施し、ファーストツアーとしては異例となる14万6,000人を動員。そして9月28日(水)リリースの日本オリジナルシングル「DUMB & DUMBER」は、オリコンウィークリーCDシングルランキング1位をはじめ、ビルボード・ジャパン・HOT100で1位、ビルボード・ジャパン・トップ・シングル・セールス・チャート1位の3冠を達成した。

そのiKONが本日26日(水)、国立代々木競技場第一体育館にてデビューイヤー2度目となる日本アリーナツアー【iKON JAPAN TOUR 2016】のツアーファイナルを締めくくった。
この【iKON JAPAN TOUR 2016】は全6都市16公演で17万6,000人を動員。前回のアリーナツアーと合わせて、2016年デビューの新人アーティストとしては最多となる年間32万2,000人動員と驚異の人気を示した。

開演時間も迫ってきた会場内は、ツアーファイナルのスタートを今か今かと待つ13,000人のファンの熱気で充満していた。
場内が暗転し、オープニングを告げるピアノ曲がかかると会場に大きな歓声が。そしてオープニングが終わる頃ジュネの「Party people!」の声を合図に、オリコンウィークリーCDシングルランキング1位を獲得した最新シングル『DUMB & DUMBER』でライブがスタート。一気にヒートアップした会場のファンは曲にあわせて大合唱となった。続けて同シングルにも収録されている大人気曲『SINOSIJAK REMIX』、さらに「代々木!Make Some Noise!1、2、3、4!!」のかけ声と共に『WHAT’S WRONG?』と立て続けに会場を盛り上げる人気曲を披露。ikon1026_1-4今回のツアーはメインステージに加えアリーナにセンターステージとそれを囲む外周の花道が設置され、どこからでもメンバーのパフォーマンスを近くで見られる作りに。『MY TYPE』ではメンバー全員で外周を回り、『#WYD』では花道の各所からメンバーがお客さんにバラを渡したりと、ファンとの距離が非常に近いライブとなっていた。ikon1026_3-1他にも彼らの人気曲『RHYTHM TA REMIX (Rock Ver.)』、『APOLOGY』、『AIRPLANE』を始め、ニューシングルに収録されている韓国未発表曲『LOVE ME』そして『JUST GO』、デビュー前の人気曲『JUST ANOTHER BOY』、『CLIMAX』など余す事無く披露。またWINNERからラッパーのMINOがスペシャルゲストとして登場し、BOBBYとのユニット’MOBB’の楽曲『FULL HOUSE -KR Ver.-』、『HIT ME (feat. KUSH) ?KR Ver.-』をパフォーマンス。ツアーファイナルでは初めてBOBBYのソロ曲『HOLUP!』が日本語で披露されるなど見所満載のライブとなった。
MCでは「よよぎ」の三文字であいうえお作文を披露したり、「代々木で初めてのコンサートがツアーファイナルで良い思い出が作れて嬉しかった!」「今日本当にありがとうございました!」などツアーファイナルをメンバーそれぞれが楽しんでいた。

この日は2公演行われ14時30分からの第1部ではアンコールのタイミングで、メンバーがハロウィンのコスプレをして登場。普段見せないコスプレ姿のメンバーを前に会場のファンも大いに盛り上がった。
18時30分からの第2部では、アンコール終了後もさらに「みなさんがアンアンコールしてくれればいつでも戻って来ます!」の言葉通り『RHYTHM TA REMIX (Rock Ver.)』をダブルアンコールで披露。ファンの近くまでメンバーそれぞれが行き、ライブを楽しみ、感謝を直接会場のファンに伝えながら、ツアーファイナルは終了となった。

ikon1026_2-3今回の【iKON JAPAN TOUR 2016】で初披露されそのパフォーマンスが話題を呼んでいるWINNERのMINOとiKONのBOBBYによるユニット’MOBB’のジャパンデビューミニアルバム「THE MOBB」のリリースは12月28日(水)に決定している。本作は、BOBBY『HOLUP!』、MINO『BODY』といったソロ・デビュー曲をはじめ、MOBBとしてのタブル・タイトル曲の一つであり、MINOとBOBBYがYGを代表するプロデューサーTEDDY、CHOICE37と共に作り上げた『ブンビョ (FULL HOUSE)』の新録日本語バージョン等を収録。さらに韓国オリジナルバージョンも全曲網羅された豪華収録内容予定となっている。

セットリスト 10/26 <国立代々木競技場第一体育館Ver.>
1. DUMB & DUMBER
2. SINOSIJAK REMIX
3. WHAT’S WRONG?
4. WELCOME BACK
5. MY TYPE
6. BE I / B.I
7. HOLUP! / BOBBY (from iKON)
8. FULL HOUSE -KR Ver.- / MOBB
9. HIT ME (FEAT. KUSH) -KR Ver.- / MOBB
10. BODY -KR Ver.- / MINO (from WINNER)
11. APOLOGY
12. I MISS YOU SO BAD
13. JUST GO
14. AIRPLANE
15. #WYD
16. TODAY
17. LOVE ME
18. RHYTHM TA REMIX (Rock Ver.)
19. JUST ANOTHER BOY
20. CLIMAX
21. M.U.P
アンコール
22. SINOSIJAK REMIX
23. DUMB & DUMBER
24. WAIT FOR ME
ダブルアンコール
25. RHYTHM TA REMIX (Rock Ver.)

この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »