ハン・ヒョジュ主演×上​野樹里出演『ビューティー・インサイド』予​告編解禁!

    ビューティインサイド

    毎日姿が変わっても彼女を振り向かせたい―
    目が覚める度に外見が別の人間に変わる男が ひとりの女性を愛するファンタジーロマンス
    ビューティー・インサイド
    日本オリジナル予告編、ついに解禁!

    ビューティインサイド1(上野

    ビューティインサイド2(ユ・
    カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル三冠グランプリを受賞したインテル×東芝のソーシャルフィルムを原案に、韓国で生まれ変わった話題のファンタジック・ラブストーリー『ビューティー・インサイド』が、2016年1月22日(金)よりTOHOシネマズ新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて公開、日本オリジナル予告編が解禁となった。

    見た目と中身、本当に大切なのは・・・
    目覚めるたびに姿が変わってしまう僕が、ひとりの女性を愛してしまった—。

    ウジンは18歳のときから目覚めると外見が変わるようになってしまった。男、女、老人、子ども、外国人…。人に会う仕事ができないウジンは、才能とインターネットを活かして家具デザイナーとして活躍している。そんな彼の “病気”のことは母と親友だけが知っていた。

    ある日、アンティーク家具専門店で働くイス(ハン・ヒョジュ)と出会い、恋に落ちたウジン。彼女に会いたい一心で、毎日初めてきた客のようにその店に通うようになる。ついに誘ったデートはうまくいくが、同じ顔をキープするため寝ないようにする。三日連続で二人は会い、イスもウジンが好きになるが、ウジンはとうとう眠気に勝つことができず、うっかり寝てしまった。起きると別の顔になっていた彼はイスに真実を話すことができるのか…?

    ビューティインサイド3(イ・

    ビューティインサイド4(キム

    2013カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル三冠グランプリ受賞した話題のソーシャル・フィルム「The Beauty Inside」を原案に、CM監督出身のペク監督が長編デビューを飾った本作は、「映画の題名どおり愛の内面を確かめられる、そんなストーリーを語りたかった」というぺク監督が紡ぎだすファンタジー・ラブロマンス。

    目覚める度に外見が変わる主人公のウジンを、ユ・ヨンソク、イ・ジヌク、イ・ドンウク、イ・ボムス、ソ・ガンジュンや、パク・シネ、コ・アソンなど、韓国が誇る人気俳優・女優たちが演じるという豪華なキャスティングに加え、日本からは上野樹里がウジン役の一人として韓国映画初出演し、話題となった。

    そして、主人公が愛する女性イスを演じるのはドラマ「トンイ」や映画『王になった男』、『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』など数々の話題作に出演する人気実力派女優のハン・ヒョジュ。毎日姿を変えるウジンを愛し、愛し続けることができるのかという、愛に対する本質的な問いに直面する女性を繊細かつ魅力的に演じている。

    今回、ついに解禁となった日本オリジナルの予告編は、「家具デザイナーのウジンは18歳の時から、目が覚める度に外見が変わるようになってしまった」という言葉から始まり、文字どおり、性別や年齢、外見も様々な主人公ウジンが次々と登場。そしてある日美しい女性イスと出会い、恋に落ちるが、秘密をかかえたウジンをイスはどう受け止めるのか、そして二人の関係は果たしてどうなっていくのか、短い予告映像からも、その恋の行方が気になる内容となっている。

    ビューティインサイド5

    ビューティインサイド6(パ

    また、韓国のみならず日本でも人気のあるパク・ソジュンイ・ジヌクイ・ドンウクユ・ヨンソクソ・ガンジュンら年齢もキャリアも様々な俳優たちが主人公ウジンを演じていることも話題だが、注目すべきは上野樹里が演じるウジンの登場シーン。独特な設定の中で、ハン・ヒョジュ演じる女性イスとどう向き合うのか、上野樹里が演じるウジンの表情にも注目だ。

    監督:ペク 出演:ハン・ヒョジュ、パク・ソジュン、上野樹里、イ・ジヌク、キム・ジュヒョク、ユ・ヨンソク他
    キム・デミョン、パク・シネ、イ・ボムス、イ・ドンウク、コ・アソン、ト・ジハン、ペ・ソンウ、チョン・ウヒ、イ・ジェジュン、キム・ミンジェ、イ・ヒョヌ、チョ・ダルファン、ホン・ダミ、ソ・ガンジュン   
               
    2015年/英題:THE BEAUTY INSIDE/原題:뷰티 인사이드/韓国/韓国語/127分/カラー/字幕:根本理恵 
    配給:ギャガ・プラス  (C)2015 NEXT ENTERTAINMENT WORLD. All Rights Reserved.


    2016年1月22日(金)TOHOシネマズ新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開!

      この記事もよく読まれています!

      ページ上部へ戻る
      Translate »