キム・ジェボム、キム・ドヒョン、ソン・ドゥソプほか豪華キャストが珠玉のナンバーをふたたび!「AMTガラコンサート」取材会レポート

GALA
昨年4月の「カフェ・イン」から今年1月の「RUN TO YOU」まで計8つの韓国ミュージカルを上演してきた六本木アミューズ・ミュージカルシアターが、2014年3月までの劇場使用契約満了に伴い、同シアタープロジェクトが一旦の区切りを迎える運びとなった。それに伴い、2014年3月25日(金)韓国創作ミュージカルを代表する俳優たちが一堂に会する、ファイナルを飾るにふさわしい豪華な『AMTガラコンサート』が昼夜2回開催され、昼公演終了後には取材会が行われた。

今回のコンサート出演者には、これまで六本木アミューズ・ミュージカルシアターで上演されてきたミュージカルに出演してきたキャスト陣でもある キム・ドヒョン、キム・ジェボム、キム・ジヒョン、カン・インヨン、ユク・ヒョンウク、キム・ナムホ、チョン・ソンウ、シン・ジェヨン(ピアニスト)に加え、特別出演にソン・ドゥソプを迎えて、同シアターで行われてきたミュージカルナンバーが披露され、ミュージカルファンにはたまらない贅沢な時間となった。

コンサートでは、ピアニスト・シン・ジェヨンが静かにピアノを奏でると、ゲスト出演のソン・ドゥソプが『風月主』より「夜の男」を歌いコンサートは始まった。
紅一点キム・ジヒョンが「私の顔」を歌うと、キム・ジェボムとソン・ドゥソプで「酒に酔い見る夢~君に向かう道」や「未来」を披露。
また、キム・ナムホとカン・インヨンで『僕らのイケメン青果店』のナンバーを歌うと、キム・ジェボムらが『あなたの初恋探します』のナンバーを歌った。
『恋の駆け引きの誕生』では、ユク・ヒョンウクとカン・インヨンがコミカルなダンスも披露し、チョン・ウソンは切ないラブソングの「釣りソング」をしっとり歌った。
また、キム・ドヒョン、キム・ジェボム&ソン・ドゥソプで『兄弟は勇敢だった』のナンバーを歌いあげるなど、次々と圧巻の歌声を披露した。

最後は全員で『僕らのイケメン青果店』から「翼を広げよう」を歌い、アンコールでは「カフェ・イン」の『Love is』を披露すると会場からは拍手喝采が鳴り響いた。キャスト陣もステージ上で自らのスマホを取り出し、記念撮影をしてフィナーレとなった。

公演終了後には、ファンの盛大な拍手に迎えられ、キャスト陣が登壇し記者会見が行われた。

GALA2

写真左からチョン・ソンウ、ユク・ヒョンウク、キム・ジヒョン、キム・ジェボム、キム・ドヒョン、ソン・ドゥソプ、カン・インヨン、キム・ナムホ、シン・ジェヨンの9人

(記者会見)
―まずは、このミュージカルシアターでの公演を終えての感想をお1人ずつお願いします。
シン・ジェヨン(ピアニスト):(日本語で)はじめまして、韓国のピアニスト、シン・ジェヨンです。今日、公演できて嬉しいです。そして僕が作った曲を紹介することが出来て嬉しいです。僕の夢が日本デビューなのでもっと頑張ります。よろしくお願いします。ありがとうございます。

チョン・ソンウ:この舞台に6カ月前に立ったのを思い出しました。またいつ舞台に立てるのかなと思っていたら、その機会がとても早く与えられて嬉しく光栄に思っています。これからもこのような機会が沢山あって、皆さんと沢山お会い出来ることを祈っています。今日はありがとうございました。

キム・ナムホ:こんにちは、キム・ナムホです。公演が始まる前に1通のファンレターをいただいたのですが、この劇場で上演した「僕らのイケメン青果店」を見てファンになってくださった方のお手紙でした。そのような機会や縁を作ってくださって感謝したいですし、これからも続けていきたいと思いますので応援よろしくお願いいたします。

ユク・ヒョンウク:えっと…さっきは私が日本語のセリフを忘れちゃった!すみません。(笑)(ここまで日本語)チョン・ソンウさんと同じく6カ月前にこの舞台に立って、今日は『ガラコンサート』という形でとても楽しい時間を過ごさせていただきました。あと1回(夜公演)ありますが、昼公演以上に頑張りたいと思いますので、ぜひよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

カン・インヨン:再びこの舞台に立つ機会を与えてくださった関係者の皆さんに感謝いたします。また、このメンバーに入れていただいたことにも感謝いたします。まだまだ足りない部分があるかもしれませんが、このメンバーに入れたことも光栄に思っています。これからもよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

キム・ジヒョン:8か月前に皆さまにお目にかかったのですが、またこういう機会を与えてくださった関係者の皆さま、そして今日、席で一緒に温かい目で私達を見守ってくださっているお客様の力で無事公演を終えることが出来ました。残りの舞台も無事に終えて韓国に帰りたいと思います。ありがとうございました。

ソン・ドゥソプ:こんにちはソン・ドゥソプです。今回初めて日本に来ることができました。今までも沢山機会はあったのですが、なかなか来ることできず初めて来て、初めて公演をすることができました。日本はとても美しい国というのは知ってましたが、実際に来て舞台に立てて、また機会を与えられる日まで韓国で一生懸命頑張りますので、これからもよろしくお願いいたします。

キム・ジェボム:こんにちは、キム・ジェボムです。この舞台に何度も立たせていただいて、我が家に帰ってきたようですし、客席にもよくお見かけする方もいらして、とても嬉しい気持ちで公演することが出来ました。残り1回ですが、頑張りますのでこれからも韓国の創作ミュージカルをぜひ応援していただきたいと思います。ありがとうございました。

キム・ドヒョン:(マイクを2つ渡されて大笑い)去年「兄弟は勇敢だった」が終わった時に、今度またいつ来れるか?と分かりませんでしたが、その機会が早く与えられてとても嬉しく思っていますし、韓国で「兄弟は勇敢だった」の弟役だったソン・ドゥソプさんとご一緒出来て嬉しいです。今、韓国で他のミュージカルもやってるので、ハードなスケジュールのなかで3日間舞台をお休みして来てるので、Wキャストの方々にも感謝をしたいと思いますし、これからもっと一生懸命頑張って、もっと日本に来る機会を作りたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

GALA4

GALA5

GALA6

GALA7

GALA8

GALA9

GALA10

―皆さんにとっての創作ミュージカルの好きな曲は何でしょうか?理由もお聞かせ下さい。

シン・ジェヨン:「恋の駆け引きの誕生」の音楽監督を務めていたのでその中でカエルのうたで『ウララソング』がとても好きです。

キム・ナムホ:「女神様が見ている」という作品は自分も公演に参加してたので全てのナンバーが大好きですが、特に好きなのは今日もお聞きいただいた「僕らのイケメン青果店」の『共に旅路を』の歌詞がとても素敵なので一番好きな曲です。

カン・インヨン:これに参加して初めて聞いた「恋の駆け引きの誕生」の「釣りソング」です。とても切ない思いを描いてる曲なので気に入りました。

ソン・ドゥソプ:沢山の名曲がありますが、つい先日キム・ジェボムさんと舞台に立った「バンジージャンプする」の「それは君のすべて」という曲が大好きです。

キム・ドヒョン:今日お聞かせした2曲はもちろんベストソングなんですが、そのほかにちょうど「シャーロックホームズ2」を上演してますので、その中の曲も好きです。もしお聞きになりたい時は検索してお聞きいただけると思うのでぜひ聞いてみてください。

キム・ジェボム:今日ソン・ドゥソプさんが歌った「風月主」のなかから『お前の理由』が大好きです。

キム・ジヒョン:私も『お前の理由』が好きなのですが先に言われてしまいましたので、今回初めて聞いた『釣りソング』と「女神様が見ている」の『あなたが見ているか』が気に入りました。

ユク・ヒョンウク:自分が関わった作品を選ぶのですが私も「月を抱くスーパーマン」という創作ミュージカルがあるのですが、そのなかでギターを引きながら歌う『私は誰?ここはどこ?』という曲があるので今度ぜひ機会を作って、皆様にギターを弾きながらお聞かせしたいと思います。

チョン・ソンウ:韓国の創作ミュージカルは素敵なナンバーばかりなんですが、せっかく9月に日本で上演が決まりましたので「女神様が見ている」は韓国でOSTが発売されていてとても素敵な曲ばかりなので、皆さん、沢山聞いて公演も沢山見に来ていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

―この劇場に通った時の思い出、日本での思い出を簡単にお願いします。
ユク・ヒョンウク:ちょうど「恋の駆け引きの誕生」の時に台風の季節で、直撃して雨に濡れたら風邪をひいて公演に支障が出ると思ったので、濡れないようにと傘をさすとすぐ風に吹き飛ばされたのが可笑しかったのでそこでみんなで写真を撮った記憶があります。

キム・ジヒョン:この劇場から窓を開けて景色を見ていた時に、毎日5時になると鐘の音が聞こえてた思い出があって、昨日もちょうど鐘の音が聞こえてきた時に、公演で来た時のことをいろいろ思い出しました。いい思い出になりました。

キム・ジェボム:韓国の劇場は、ビルの中や地下にあったりで楽屋の窓を開けて風に当たったりすることがなかなか出来ないのですが、この劇場の楽屋の窓を開けて、さっきも座って風を感じながら思い出に浸ったりしました。それがひとつの思い出になりました。韓国の劇場が全てそうではありませんので誤解しないでください。(笑)

キム・ドヒョン:日本で公演したのは2006年と、今回のこの劇場になるのですが、この劇場で楽屋の窓を開けたら東京タワーが見えたんです。東京タワーは日本の観光案内に乗っている東京のランドマークに思っていたものがとても近くに見えましたし、「カフェ・イン」の時、天気が良かったのでみんなで外でゴザを広げて一緒に食事して交流を深めたのが思い出に残っています。

ソン・ドゥソプ:(今日が初めてのアミューズ劇場のため)私の思い出は、あさって韓国でお聞かせします。(会場笑)

カン・インヨン:このアミューズ・ミュージカルシアターに来れていろんな日常を過ごしたこと全てが思い出に残っています。

キム・ナムホ:日本と関わりを持てた出発点がこの劇場になります。「僕らのイケメン青果店」の時、最初はお客さんが少なかったのですが、どんどん増えて、千秋楽にはコンサートのように皆さんが盛り上がっていったので全てが思い出に残っています。

シン・ジェヨン:日本の音楽が好きで、普段から沢山聞いてるんですが、ちょうど「恋の駆け引きの誕生」で来た時に西野カナさんが新曲を出されていて街中にいろんな看板が出ていたのが印象に残っていますし、チョン・ソンウさんとも一緒に来られたのが思い出です。

チョン・ソンウ:なにより一日公演をしながら皆さんと交流を深めていって千秋楽を迎えることが出来たこと自体が思い出として残っています。

最後にフォトセッションが行なわれ、駆け付けたファンや取材陣からも大きな拍手と声援が送られた。韓国の素晴らしいミュージカルの世界を見せてくれたキャストや関係者の方々に感謝し、再びの上演を心待ちにしています!

GALA11

GALA12

GALA13

GALA14

GALA15

GALA16

【AMT ガラコンサート セットリスト】
M1.夜の男『風月主』ソン・ドゥソプ
M2.お前の理由『風月主』ソン・ドゥソプ
M3.私の顔『風月主』キム・ジヒョン
M4.酒に酔い見る夢~君に向かう道『風月主』キム・ジェボム&ソン・ドゥソプ
M5.未来『風月主』キム・ジェボム&ソン・ドゥソプ
M6.私の中のカフェ・イン『カフェ・イン』キム・ジヒョン
M7.タバコ『シングルズ』キム・ドヒョン
M8.くじらの夢『僕らのイケメン青果店』キム・ナムホ&カン・インヨン
M9.共に旅路を『僕らのイケメン青果店』キム・ナムホ&カン・インヨン
M10.アチャ・アチャ・インディア『あなたの初恋探します』ユク・ヒョンウク
M11.彼の初恋『あなたの初恋探します』キム・ジェボム
M12.彼女と彼のLOVE THEME『あなたの初恋探します』キム・ジェボム&キム・ジヒョン
M13.噂は風に乗って『恋の駆け引きの誕生』ユク・ヒョンウク&カン・インヨン
M14.釣りソング『恋の駆け引きの誕生』チョン・ソンウ
M15.ウララソング『恋の駆け引きの誕生』チョン・ソンウ&ユク・ヒョンウク&カン・インヨン
M16.俺はお前が嫌いだった『兄弟は勇敢だった』キム・ジェボム&ソン・ドゥソプ
M17.もう一度『兄弟は勇敢だった』キム・ドヒョン
M18.女神様が見ている『女神様は見ている』チョン・ソンウ&キム・ナムホ
M19.あなたが見てるから『女神様は見ている』チョン・ソンウ
M20.翼を広げよう『僕らのイケメン青果店』全員
※Love is『カフェ・イン』

「女神さまが見ている」日本公演決定!
2012年CJ主催の台本リーディングで大好評を得、 同年のソウルミュージカル・フェスティバルで最優秀作品賞を受賞。
2013年5月に早くも韓国での再演が決定し、韓国ミュージカル大賞(2013年)では最優秀脚本賞を受賞した、話題の韓国創作ミュージカル「女神さまが見ている」が遂に日本上陸!

【公演期間】 2014年9月20日(土)~10月5日(日)
【チケット発売】 6月予定
【会場】世田谷パブリックシアター
【主催】アミューズ
今後の最新情報は、アミューズオフィシャルサイトへ
http://www.amuse-musical-theatre.jp/


▼この記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »