韓国政府 1月30日から室内マスクの着用義務「勧告」に引き下げへ…公共交通機関などは当面継続

韓国 マスク義務から勧告へ緩和

韓国政府が1月30日より、室内マスク着用義務を緩和し従来の「義務」から「勧告」に引き下げることを発表した。

これにより3年前のコロナ時代から始まったマスクの着用義務が遂に解除されることになった。

今回の決定は「室内マスク着用義務調整指標」の4つのうち

・新規感染者数の安定化
・重症患者および死亡者発生数の減少
・安定した医療体制

の3条件が満たされたことによるものだ。

一方で感染リスクの高い施設(医療機関や薬局、高齢者施設など)や公共交通機関(バス、地下鉄、タクシーなど)での着用義務は従来通り当面継続する形となる。




関連記事

この記事へのコメント💬

  • 感想・推し愛コメントをどうぞ

  • コメント (0)

  1. ↓ この記事最初のコメントを書く

CAPTCHA