イ・ジュンギ 「アゲイン・マイ・ライフ~巨悪に挑む検事~」オフィシャルインタビュー!現在Huluにて全話独占配信中

©Licensed by SAMHWA NETWORKS CO., LTD.
©SAMHWA NETWORKS. All Rights reserved
写真提供:Hulu

ドラマ「悪の花」「無法弁護士~最高のパートナー~」「TWO WEEKS」などで知られる人気俳優のイ・ジュンギが主演を務める大ヒットドラマ「アゲイン・マイ・ライフ~巨悪に挑む検事~」が12月6日(火)よりHuluにて独占配信がスタートした。

この度、主人公の熱血検事:キム・ヒウを演じるイ・ジュンギのオフィシャルインタビューが到着した。

\2週間無料体験はコチラから/

イ・ジュンギ 「アゲイン・マイ・ライフ~巨悪に挑む検事~」オフィシャルインタビュー

●日本の視聴者の皆さんへ一言挨拶をお願いします。

日本のファンの皆さん、こんにちは。みなさんの俳優、イ・ジュンギです。
お久しぶりです。イ・ジュンギです。「アゲイン・マイ・ライフ ~巨悪に挑む検事~」でお会いできて、ドキドキしながらも、とてもうれしいです。

●本作についての紹介と、演じた役柄について詳しく教えてください。

「アゲイン・マイ・ライフ」は主人公が2度目の人生を送るという物語です。ひたすら正義を追い求めて情熱的に生きた検事が陰謀に巻き込まれ、無念の死を遂げます。そして2度目の人生を与えられ、前の人生でやり残したことや失敗した原因を探り、試行錯誤しながらも、悪を裁いて正義を追求するキム・ヒウ検事を描いたドラマです。コロナの影響で大変なご時世ですが、この作品が皆さんに元気や爽快感をお届けできるよう願っています。

©Licensed by SAMHWA NETWORKS CO., LTD.
©SAMHWA NETWORKS. All Rights reserved
写真提供:Hulu

●ウェブ小説が原作だと伺いました。その後、ウェブ漫画としても展開するほどファンが多く人気の作品のようですが、このドラマのどんな点に魅力を感じて出演を決めましたか?

ご存じかもしれませんが、最初は出演を辞退したんです。原作のファンも多いし、ウェブ漫画や小説の膨大なストーリーを演じきれるか不安だったからです。一方では、この作品が視覚化されてドラマになった時、視聴者の皆さんにどこまで原作の面白さや痛快感を伝えられるかと期待する気持ちも入り交じっていました。2度目のオファーをもらった時に、初めに僕が抱いていた期待と、監督の表現したいことが一致していて、僕にしか演じられない役だと言ってもらえて運命を感じました。この作品でキム・ヒウという運命的な役柄に出会い、皆さんにすばらしい作品をお届けできると思って引き受けることにしました。結果的には最初に感じていた幅広い年齢を演じることに対するプレッシャーも、監督をはじめ、多くのスタッフの皆さんと共演者の協力のおかげでパズルのように一つ一つ丁寧に作り上げていくことで乗り越えられました。

●原作への理解度が必要な作品ですよね。 原作のまま表現した部分と、イ・ジュンギさんが俳優として自分のカラーに変えた部分があれば教えてください。

キム・ヒウと僕には似ている部分が多いと思いました。2度目の人生を送ることについても若い頃の僕が何をどう感じていたかを、ヒウと比較して考えてみました。いろいろな姿を表現するために精神的にも肉体的にも浄化するつもりで徹底的に僕自身とキム・ヒウという役柄の接点を見つけることに力を入れました。監督とも話し合いを重ねて20代の僕がヒウのように1つの目標に向かって純粋に正義だけを追い求め、社会を建て直すために生きる人物だと仮定しました。すると、より純粋で、より情熱的なキャラクターが浮かびました。それを自分に置き換えて20代の僕ならきっとヒウと同じ気持ちだろう、そういう期待感を持って演じてみました。

●キム・ヒウという役柄の魅力を3つ挙げるなら?

てれますが、頭が良くて、性格も良くて、容姿は自分の口からは…(笑) ハンミやヒア、そしてギュリなどの女性キャラが好きになるほどなので、悪くはないと思います。最強ですよね(笑) 僕もそうなりたいと思うほど太刀打ちできない理想のモテ男です。羨ましいですよね。

●キム・ヒウ役を演じる中で最も共感したのはどんなシーンでしたか?

共感するシーンはたくさんありますが、第1話で人生を振り返りながら冥土の使いと話すシーンです。ドラマの導入部でしたが目頭が熱くなりました。もし自分が死んで人生を振り返ったら、いろいろな思いが交錯するでしょう。ヒウの人生や生き方を振り返りながら“一生懸命 生きたんだな” “なんて崇高な人生なんだ”と思うほど共感して目頭が熱くなるシーンでした。もし僕が死んだ時に、最後に人生を振り返る時間があって生き返れるとしたら、今度はうまく生きられると思うでしょう。ドラマの導入部では視聴者の心をつかむ必要があるんです。そこで期待外れだと思われてしまったら、ドラマに没頭できなくなります。いろいろな思いが交錯するシーンであり、物語の始まりでもあるので印象に残っています。

●撮影中に特に面白かったシーンや、印象に残っているシーンがあれば教えてください。

全てのシーンが楽しかったです。特定のシーンを挙げるより、みんなで作り上げる瞬間が楽しかったです。撮影期間中は演技ではなく、笑ったり騒いだりして声がかれてしまい心配されました。僕はもともと笑い上戸なんです。この作品ならではの思い出は、若い頃を演じたことです。出演者の年齢層もまちまちで楽しい現場でした。20代を演じることに気恥ずかしさもありましたが、僕は年齢の割に子供っぽいせいか、20代の共演者たちとも和気あいあいと過ごすことができました。学生時代をもっと演じたかったくらい、とてもにぎやかで楽しい現場でした。学生時代を演じたことで若返った気分になり、ささいなことにも笑っていましたね。もっと学生時代を撮りたいと監督に頼むほどでした。撮影前は短くしてほしいとお願いしていました。学生時代のシーンが長いと、ドラマに没頭する妨げになると思ったからです。でも実際に演じてみたら意外といい感じで、もっとやりたいと思うほどいい経験になりました。

●毎回視聴率が更新されるというすばらしい結果につながったんですね。 (本当におめでとうございます!)
このドラマの人気の理由は何だと思いますか?

視聴者の期待と合致したからだと思います。設定が複雑で難しく重みのある作品よりも、人々が望むことや言いたいことを代弁し、正義を追い求めて悪を裁くという筋書きが、この時代に合っていて人気が出たのでしょう。

©Licensed by SAMHWA NETWORKS CO., LTD.
©SAMHWA NETWORKS. All Rights reserved
写真提供:Hulu

●ドラマの中でキム・ヒウは15年前に戻って2度目の人生を送りましたが、もしイ・ジュンギさんが15年前に戻れるとしたら、どんなふうに生きたいですか?

僕は俳優なので、俳優以外の人生を送ることは想像すらできません。今の記憶を持ったまま15年前に戻れるとしたら、あえて戻るなら、過去に演じた作品の役柄を演じ直したいです。俳優は過去の作品に未練が残るものです。人気のあった役柄は特に、もっとうまく演じられたのにと思います。俳優としても思い入れがあり、皆さんに愛された役柄を、より高い完成度で演じ直したいです。自ら望んで人生をやり直すことはありませんが、こういう質問をされる度にそう思います。

●ファンタジーやロマンス、復しゅうなど要素が盛りだくさんの作品ですね。これからドラマをご覧になる皆さんに、鑑賞のポイントについてアドバイスをお願いします。

このドラマの内容は決して難しくありません。哲学的な解釈が必要だとか、あれこれ考えさせる作品ではないので、軽い気持ちで楽しんでください。1日の締めくくりに、疲れやストレスを感じた時、胸がスカッとする炭酸飲料のような、サイダーやビールのような、娯楽のための作品として気軽に楽しんでください。それから、登場人物一人一人を自分の周りの人と比べてみるのも面白いと思います。とにかく楽しんでください。

●最後に日本のファンにメッセージをお願いします。

日本のファンの皆さん、なかなかお会いできなくて残念に思っています。この状況が好転したら、すばらしい日々が待っているはずです。皆さんも明るい気持ちで再会の日を待っていてください。遠くからの応援ありがとうございました。皆さんのおかげで「アゲイン・マイ・ライフ」が話題作となりました。皆さんに次の作品を早くお届けできるよう一生懸命頑張りますのでご期待ください。パンデミックが終息したら、皆さんに会いに行くことをお約束します。その日まで健康で楽しい毎日を過ごして待っていてください。また会えるその日まで、良いことがたくさんありますように。ありがとうございました。大好きです。

©Licensed by SAMHWA NETWORKS CO., LTD.
©SAMHWA NETWORKS. All Rights reserved
写真提供:Hulu

人生2回目の熱血検事による、命懸けの復讐劇――!

2022 年 4 月に韓国で放送され、同時間帯視聴率 No.1&最高視聴率 13.4%を記録し、大ヒットした本作。
韓国で人気の作家イ・へナルのウェブ小説が原作で、無念の死を遂げ、新たな人生を得た熱血検事が、人生 2 回目をかけ絶対悪に立ち向かう、壮大な復讐劇だ。

主人公の熱血検事:キム・ヒウを演じるのは、爆発的な感情の演技が光る、人気俳優のイ・ジュンギ。ドラマ「悪の花」「無法弁護士~最高のパートナー~」「TWO WEEKS」など、犯罪アクションに特化した演技に信頼のある彼は、華麗なアクションシーンも代役無しで挑み、その圧倒的な存在感で視聴者を魅了する。

ヒウの因縁の復讐相手である絶対悪の政治家:チョ・テソプは、ドラマ「夫婦の世界」「バガボンド」、映画「白頭山(ペクトゥサン)大噴火」など、作品ごとに強烈な存在感を残すイ・ギョンヨンが演じる。2 人の鬼気迫る攻防戦とスマートな頭脳戦に、息をつく暇もないほどの緊迫感だ。さらに、ヒウの復讐の手助けをしてくれるヒロイン:キム・ヒアには、ドラマ「黒い太陽」で見せたキープレーヤーとしての活躍で人気上昇中のキム・ジウンが抜擢。その他にも、チョン・サンフン、キム・ジェギョン(元 RAINBOW)などがヒウの仲間として活躍し、さらに物語に深みを持たせている。

そして、メガホンを取るのは、ドラマ「優雅な一族」を演出したハン・チョルス。豪華俳優陣たちとともに「アゲイン・マイ・ライフ」の完成度の高い世界観を作り上げている。
“法”と”正義”、そして “過去の経験”を武器に一度敗れた《絶対悪》へと再び立ち向かう!
無念の死を遂げた熱血検事による、2回目の人生をかけた壮大な復讐劇が、幕を開ける――。

「アゲイン・マイ・ライフ~巨悪に挑む検事~」あらすじ

法と正義があれば全ての悪を裁けると信じている、熱血検事のヒウ(イ・ジュンギ)は、絶対悪である政界の大物チョ・テソプ(イ・ギョンヨン)を捕まえる寸前で、無念にも殺されてしまう。すると、死の淵で出会った冥土の使いから「テソプに罪を償わせること」を条件に 2 度目の人生を与えられる。15 年前から人生をやり直すことになったヒウは、1 度目の人生の経験を基に綿密な作戦を立て、テソプへのリベンジを誓う。過去に出会わなかった仲間たちと協力をしながらもテソプに立ち向かうが、彼を待ち受けていたのは過酷な運命で…。ヒウの 2 回目の人生をかけた、壮大な復讐劇が始まる―。

\2週間無料体験はコチラから/

Hulu プレミア「アゲイン・マイ・ライフ~巨悪に挑む検事~」

Hulu で全話独占配信中!

監督: ハン・チョルス
脚本: ジェイ、キム・ユル
原作:「アゲイン・マイ・ライフ」イ・へナル
キャスト:イ・ジュンギ、イ・ギョンヨン、キム・ジウン
制作会社: サンファネットワークス
韓国放送局:SBS(地上波)
韓国放送日:2022 年 4 月 8 日~2022 年 5 月 28 日
話数:全 16 話
クレジット
©Licensed by SAMHWA NETWORKS CO., LTD.
©SAMHWA NETWORKS. All Rights reserved




関連記事

この記事へのコメント💬

  • 感想・推し愛コメントをどうぞ

  • コメント (0)

  1. ↓ この記事最初のコメントを書く

CAPTCHA