「推し疲れ」「非公式グッズ」トレンド入りでK-POPアイドルのガチオタク界隈「それって本当に推しのための推し活?」の声!推し活が長く続くコツは…?

推し疲れ
マネーポストWEBが公開した「推し疲れ」の記事についてK-POPオタク界隈から衝撃を受けたという声が続出し「推し疲れ」「非公式グッズ」が日本のTwitterでトレンド入りした。

推し疲れをテーマにした記事にK-POPアイドルファンの関心集中!

21日、マネーポストWEBが「推し疲れ」をテーマに、BTSとSMエンターテインメントのアイドルファン2人の証言を添え「K-POPアイドルファンの本音」と題した記事を公開した。

>>マネーポストWEBが公開した記事

「推し活」自体は最近になって急に流行したブームというわけではない。
ジャニーズタレント・アイドルの推し活は昔から有名で、ジャニーズ用語(ファン用語)として「担当」「自担」「箱推し」「担降り」「掛け持ち」「出戻り」や独特の文化も幅広く知られるところだ。

あえてK-POPアイドルに絞って「推し疲れ」をテーマに出したのは、ここ数年におけるK-POPアイドルの躍進ぶりが反映されてのことなのかもしれない。

該当の記事は、K-POPオタク界隈の耳目を集めたが、記事に出てきた推し活に疲れたK-POPファンの発言はガチファンを大いに刺激することになった。

「推し疲れ」「非公式グッズ」がトレンド入り!「それって本当に推しのための推し活?」


記事の中でBTSにハマったという女性は、「非公式グッズの大量購入」や「海賊版DVDの視聴」に言及、これに対し正規グッズを購入しているファンがカチン!と来たというわけだ。

ネット上には、
「完売で買えなくて仕方なく中古を買うなら理解できるけど、最初っから海賊版は理解不能

「非公式グッズに海賊版DVD…?!それ、推し活って言わないんじゃね?

「非公式グッズを買い漁ったり海賊版DVDを見たりって、それを『推し活』というのは衝撃的すぎた

正しい推し活とかって定義したり誰かに強制するのには抵抗あるけど、コレはちょっと違う…

推しの方向性を完全に間違ってるな・・・

「非公式グッズを買いまくったり海賊版DVDを見たりしてるという人と『推し活』という言葉で一緒の括りに入れられたくない

といった具合に、「腹が立った」、「気分が悪い」、「一緒にされたくない」という声が続出している。

ガチファンからすれば「推しのため」の行動ではなく「自分だけが楽しければOK」な人であり、全く推しを推せてないという感想だ。

そもそも楽しい推し活生活が長く続くコツは…?


とはいえ、「推し疲れ」には共感や同情の声も上がっている。

長年のK-POPヲタクさんたちは、インタビューを受けた2人の推し活疲れについて、
「供給が多すぎれば全部見逃しなく追うのは時間がなければ大変。だからといって逆に供給が少なすぎれば溢れんばかりの熱意が消えてしまいそうになるというのは理解できる」

と共感を示しながらも、

推しに自分の生活のすべてを捧げる必要はないし、アルバムや公式グッズ、ライブや配信などオールコンプリートする必要もない
自分の生活軸があってこその推し活だし、バランスを取りながら推し活が生活に華を添えてくれるというのが一番」

と意見を述べている。

また、この記事をきっかけに改めて「推し活」について考え直してみたという感想もネット上には書き込まれていた。




関連記事

この記事へのコメント💬

  • 感想・推し愛コメントをどうぞ

  • コメント (0)

  1. ↓ この記事最初のコメントを書く

CAPTCHA