SUPERNOVA(超新星)ファンミーティング2022のオフィシャルレポート到着!祝日本デビュー13周年の感謝の気持ち溢れる温かいファンミ


今年9月9日に日本デビュー13周年を迎えたSUPERNOVA(超新星)が9月26日(月)に東京・豊洲PITでファンミーティング「SUPERNOVA(超新星)☆博13」を開催した。(※ジヒョクは韓国での仕事のため欠席)

コロナ前は毎年ファンと共にイベントを開催しアニバーサリーを祝ってきたが、昨年のオンラインを経て、今年は3年ぶりとなる有観客。
この日を楽しみに集まったMilky(※ファンの呼称)が見守る中、ライブは最新アルバム「CLOUD NINE」のリードトラックである「Amanogawa」からスタートした。

丁寧に言葉を伝えるボーカルを聴かせ、しなやかなダンスを披露したり、クールな表情を見せたりしながらまずは3曲を披露。MCのコーナーでは今日の衣装に注目したり3年経って変わったことなどをトークし、「お絵描き伝言ゲーム」では「ヤンニョムチキンを食べるジヒョク」と「宇宙人になったユナク」というお題に挑戦。

ユニークな着眼点とさすがのチームワークで見事正解を勝ち取り、Milkyに2分間のフォトタイムをプレゼントした。

衣装をチェンジし、ダンサーと共に登場した中盤はワイルドでセクシーな「Kiss Me」を、有観客での初パフォーマンス。幸せな空気で包み込んだ「End of the day」やソリッドなビートを響かせるダンスチューンなど変幻自在な表情とステージングで魅了し、「BANG★」や「Shining☆Star」といったハイテンションなナンバーで会場を盛り上げた。

最後は、まずゴニルが「コロナの間、一生懸命幸せになろうと心に決めました。僕が幸せにならないと、みなさんを幸せにできないから。来年の活動も楽しみに待っていてください」と挨拶。

ソンジェは「今日はジヒョクがいなくて残念でしたが、みなさんの笑顔を見ることができてすごく力をもらいました。これからもSUPERNOVA(超新星)はみなさんと一緒に歩いていきます」と笑顔を見せた。

ユナクは「Milkyと会える回数が少なくなったのは悲しいけど、こうやって今の時代に会えることがすごく嬉しいです。感謝の気持ちしかありません。こんなに長く支えてくださってありがとうございます」とこれまでの感謝を伝えた。

グァンスは「今日はジヒョクくんも一緒にステージに立っているような気持ちでした。本人が一番悔しかったと思うけど、俺の分までMilkyを楽しませてこいと言ってくれました。また次にみんなで会える日を楽しみにしています」と会場を見渡していた。

ラストは、今日の日を愛おしむようにMilkyに届けた「I Remember All Of You」。
さまざまな規制がある中での開催ではあったが、互いを想い合う温かいムードに包まれながら13年目のファンミーティングは幕を閉じた。

ユナクとソンジェによるユニットDouble AceのLIVE DVD『Double Ace LIVE TOUR 2020 M☆M』(2022年11月9日発売)の発売や、舞台やドラマやライブなど多岐にわたるメンバーそれぞれの活動が多数控えており、躍進劇は止まらない。




関連記事

この記事へのコメント💬

  • 感想・推し愛コメントをどうぞ

  • コメント (0)

  1. ↓ この記事最初のコメントを書く

CAPTCHA