Stray Kids、ミニアルバム『MAXIDENT』ダブルミリオンセラーを記録! 歴代K-POPアーティスト史上BTSに次いで2番目の快挙

写真 : JYP Entertainment

今年3月にリリースした韓国ミニアルバム『ODDINARY』が、K-POP史上3組目の快挙となる、米ビルボードのメインチャート「ビルボード200」で1位を記録、iTunesでは世界56の国と地域で1位を獲得するなど、全世界から注目を集める“次世代No.1ボーイズグループ”Stray Kids(ストレイキッズ)の、韓国ニューミニアルバム『MAXIDENT(マキシデント)』が、初動218万枚を突破し、歴史的大ヒットを記録している。

10月7日(金)に韓国にてリリースとなったStray Kidsのニューミニアルバム『MAXIDENT』が、発売から1週間で218万枚の売上枚数を突破し、ダブルミリオンセラーを記録した。

この記録は、歴代、全てのK-POPアーティストのアルバム史上4位となり、さらに、1位から3位はBTSのアルバムであることから、Stray Kidsは、歴代K-POPアーティスト史上、BTSに次いで2番目の快挙となった。

タイトル曲「CASE 143」は、10月15日(現地時間)米ビルボード「Hot Trending Songs Powered by Twitter」チャートでも1位を記録。
さらに、日本でもTwitterトレンドや配信ランキングを席捲。

LINE MUSICリアルタイム ソング TOP100(10月7日(金)14 : 00時点)において、「CASE 143」が1位を獲得しただけでなく、TOP10に『MAXIDENT』の収録曲8曲全てがランクイン。
LINE MUSICデイリーソングランキングでは、4日連続1位を獲得(10/8~10/11付)するなど、彼らの人気は韓国のみにとどまらず、日本やアメリカなど世界中で現象化している。

それを証明するように、Stray Kidsは、世界9都市19公演を巡るワールドツアーの本公演から、今回の追加公演2公演まで、2022年に開催した全公演がソールドアウトするという快挙を達成している。

さらに、11月からはワールドツアー「Stray Kids 2nd World Tour “MANIAC”」の追加公演も決定。
11月12日・13日(以下現地時間)の、インドネシア・ジャカルタ公演を皮切りに、2023年2月2日・3日には、タイ・バンコク、5日シンガポール、さらに、17日・18日オーストラリア・メルボルン、21日・22日シドニー、3月22日・23日にはアメリカのアトランタ、26日・27日フォートワース公演まで、東南アジア、オーストラリア、米国など海外7都市13公演を駆け抜ける。

Stray Kids 『CASE 143』 MV




関連記事

この記事へのコメント💬

  • 感想・推し愛コメントをどうぞ

  • コメント (0)

  1. ↓ この記事最初のコメントを書く

CAPTCHA