幕張メッセで開催の『 KCON 2022 Premiere in Tokyo』はまるで日プ同窓会のような盛り上がり!2日間で約4万人が来場

ⓒ CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

K-POPプラットフォームから誕生したアーティストが日本を熱く盛り上げた「KCON 2022 Premiere in Tokyo」が、5月14日(土)と15日(日)の2日間、幕張メッセで開催された。両日約4万人の観客が殺到し大盛況の中、オンラインでも世界中のK-POPファンがリアルタイムでKCONを一緒に楽しみながら、オンラインとデジタルを合わせたハイブリッドフェスティバルとなった。

日本で約3年ぶりのオフライン開催となった「KCON 2022 Premiere in Tokyo」

「KCON 2022 Premiere in Tokyo」は日本で約3年ぶりにオフラインで開催されたイベントだ。
この2年間の世界的なパンデミックによって変わったK-POPファンの消費パターンとメインの消費層として浮上したZ世代を狙ったコンベンションプログラムが視線を集めることになった。

ⓒ CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

ⓒ CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

ⓒ CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

14日と15日の2日間行われたコンサートは華やかな見どころが多く、話題を集めた。

IZ*ONEで活躍した矢吹奈子、本田仁美が司会に登場!

日本で活動している韓国大衆文化ジャーナリストであり日本を代表する韓流MCの一人である古家正亨と、日本のアイドルグループHKT48所属でグローバルグループIZ*ONEのメンバーとして私たちによく知られている矢吹奈子、AKB48のメンバーでやはりIZ*ONEメンバーだった本田仁美の司会で行われた。

「日プ同窓会みたい」の声も!「PRODUCE 101 JAPAN」シリーズ出演者が多数ステージを彩る

円神(ENJIN)、INI、JO1、OCTPATH、OWV、TO1(※映像出演)などが登場した「KCON 2022 Premiere in Tokyo」は、アーティストたちがMnetから誕生したサバイバル番組の日本版「PRODUCE 101 JAPAN」などで披露したデビューステージを再演したオープニングから現在の姿、各アーティストが影響を受けたK-POPのカバーステージと共に、KCONのシグネイチャーであるMEET&GREETをトークプログラム形式で進行し、ファンたちが客席を埋め尽くした。

「PRODUCE 101 JAPAN」関連のアーティスト出演がメインとなり、「日プ同窓会みたい!」との声も上がった。

TO1は映像で出演!

2019年にMnetのアイドルオーディション番組「TO BE WORLD KLASS」を通じて誕生したTO1は「No More X」と「Surf」でカリスマあふれるステージを、韓国で撮影した映像を通じて披露した。
愛嬌とドキドキポーズを披露しファンの熱い歓呼を引き出したTO1は「今後もファンのみなさんと頻繁に会いたいです」とコメントを伝えた。

INIとJO1の熱い舞台

ビルボードジャパンチャート1位など主要チャートを席巻し、グローバルボーイグループに浮上したINIは「Rocketeer」、「BOMBARDA」、「Call 119」、「We Are」などでステージを飾った。
「こんなに大きな舞台は初めて」と伝えたINIはMEET&GREETを通じて「帰ってきたプデュオーディション」を行い、視線を捕らえるダンス対決でファンを楽しませた。

ⓒ CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

続いて2020年3月にデビューして以降、発売した5枚のシングルがオリコンデイリーおよびウィークリー、ビルボードジャパンウィークリーおよびHOT100など連続で主要チャート上位圏を占めたJO1のステージが続いた。
「Move the soul」、「Walk it like I talk it」、「Dreamer」、「With Us」などエナジーがみなぎるステージを披露したJO1は、MEET&GREETを通じてさまざまな愛嬌でファンをドキドキさせた。

K-POPカバーステージにグローバルファン盛り上がる

「KCON 2022 Premiere」を通じて久しぶりにファンと直接対面したアーティストたちは多彩なパフォーマンスを披露し、コロナ禍での開催のためファンたちは歓呼したくてもできない代わりに準備していたペンライトを振りながら力の限り応援した。

OCTPATHはKep1erの「WA DA DA」を、円神(ENJIN)はIZ*ONEの「Airplane」、OWVはBTSの「IDOL」、INIはEXOの「Growl」とBTOBの「Missing you」のステージでグローバルファンを熱狂させた。

また、JO1はPENTAGONの「Shine」とStray Kidsの「Back Door」でK-POPカバーステージを披露し、とくに2日目のステージではPENTAGONのYUTOと一緒に「Shine」を披露し、カバーステージをより際立たせた。

「KCON 2022 Premiere in Seoul」に続き「KCON 2022 Premiere in Tokyo」も成功裏に終えた「KCON 2022 Premiere」。
来週の5月20日(金)と21日(土)には「KCON 2022 Premierein Chicago」と「KCON 2022 Premiere ビューイングパーティー in LA」が開催される予定だ。




関連記事

この記事も一緒にいかが?

この記事へのコメント💬

  • 感想・推し愛コメントをどうぞ

  • コメント (0)

  1. ↓ この記事最初のコメントを書く

CAPTCHA