INI、初ファンミ開催でファンとの初対面に大感激!「もう、びっくり!泣きそうになってた」「INI 1ST FAN MEETING」レポ

©LAPONE ENTERTAINMENT

サバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』の中から誕生したグローバルボーイズグループ”INI“の初のファンミーティング「INI 1ST FAN MEETING」が11月13日(土)神奈川県のぴあアリーナMMにて開催された。

今年11月3日(水)にデビューを果たし、ちょうどデビュー10日目となったこの日、初の有観客ファンミーティングとなる昼の部では会場にファン6000人が集結した。

©LAPONE ENTERTAINMENT

冒頭「こんにちは、INIです!」「MINI(ファン)のみなさんやっと会えましたね!」と初めてファンの目の前に立ち、緊張気味で自己紹介と挨拶をした。

©LAPONE ENTERTAINMENT

池崎は照れながら「今日は、この日のために頑張ってきました。皆さんに会うまで長かったですけど今日はいっぱい楽しみましょう。」と叫び、「本当にこの日をずっと待ってました。楽しみ準備は出来てますか?今日は本当に忘れられない時間を作りましょう。」とファンの熱い反応に感無量の田島。自己紹介で「みんなの王子様になりたい」と語る後藤は「今日は1か月2か月、ずっとみなさんの記憶に残るように最高の思い出にするので、ぜひ楽しんでいってください。」とニコニコ優しい笑顔で挨拶。

©LAPONE ENTERTAINMENT

照れながら大きな丸のポーズを見せた佐野は「やっと会えましたね。今日は一緒に素敵な思い出作りましょう。」と嬉しそうに語ると、中国出身の許は「今日は皆さんと会えてすごく嬉しいです。僕たちと一緒に最高の思い出を作っていきましょう。」と大きなハートポーズを作って「ビックラブ~!」と恥ずかしそうに叫んだ。

尾崎は「今日は僕たちも全力でキラキラするので、みなさんもキラキラ楽しんでください。」と元気いっぱいに呼びかけ、西は会場を見て「もう、びっくり!この裏でもう泣きそうになってたんですけど、余計頑張れちゃいますね。」と喜びを語った。

©LAPONE ENTERTAINMENT

「本当にこんなに多いファンの方が来てくれてると思っていませんでした。今日が2021年最高の日だったと思えるように楽しんでいきましょう。」と笑顔で語る末っ子の松田。高塚は「今日と言う日をずっと待って、いよいよ本番が始まってしまいました。今日は楽しんで最高の思い出にしてください。」嬉しそうな笑顔を見せた。

©LAPONE ENTERTAINMENT

「あ、犬っぽい(笑)」と自己紹介で付け足した藤牧は「今日めちゃくちゃ楽しみにしてきたので、皆さんもぜひ楽しんで帰ってください。」と呼びかけ、リーダーの木村も「僕もこのLED(幕)が開いた瞬間びっくりしちゃいました。今日は素敵な思い出を作っていきましょう。」と、それぞれファンと初対面した感動の思いと意気込みを語った。

©LAPONE ENTERTAINMENT

©LAPONE ENTERTAINMENT

韓流ファンにはおなじみの古家正亨がMCとして登場しイベントは進行。会場を埋め尽くすファンをあらためて見渡し、沢山の光るペンライトに「ピカピカしてる!」と嬉しそうにはしゃぎ手を振った。

©LAPONE ENTERTAINMENT

イベントではトークやゲームなどで終始和気あいあいで盛り上がり、11月15日からWEBで公開される「KOSE 米肌」のCMが初公開されると撮影のエピソードを語ったり、12月には渋谷駅に大型ポスターが貼り出されることが発表された。

©LAPONE ENTERTAINMENT

パフォーマンスでは11月3日(水)発売のデビューシングル『A』から「Rooketeer」、「Brighter」を含むトータル6曲を披露。11人での圧巻のパフォーマンスで会場を魅了した。最後はファンに感謝の言葉を伝え、記念写真を撮影。ファンと感激の初対面を果たした初のファンミーティングは大盛況で終演した。この初ファンミーティングは11月13日と14日、昼夜2回、計4回開催される。

©LAPONE ENTERTAINMENT




ページ上部へ戻る