2PMジュノ&イ・セヨンMBCドラマ「袖の赤い裾口」出演決定!2021年後半に放送予定

ジュノ

写真:JYPエンターテインメント

2PMのジュノとイ・セヨンがMBCの新ドラマ「袖の赤い裾口」に出演することが決まった。

同作は、韓国で大人気を集めたカン・ミガン作家の小説を原作とする。
「仮面の王 イ・ソン」を共同執筆したチョン・ヘリが脚本を、ドラマ「自己発光オフィス」を演出したチョン・ジインが監督を担当する。

ドラマ「袖の赤い裾口」は、自分が選んだ人生を守ろうとした女官と、愛よりも国を優先していた王の愛を描いた宮廷ロマンスだ。

ジュノは、頑固で傲慢な完璧主義のイ・サン役を演じる。
一方のイ・セヨンは、自分の人生を積極的に選ぼうとする女官ソン・ドクイム役を演じる。

ジュノは今年3月に除隊、先月発売されたGQ KOREA 5月号ではカリスマとセクシーさを感じさせるグラビアを飾り「ジュノがめっちゃシャープになった!」と話題になったりもした。

また、同月、約10年間に渡り国際協力NGOワールド・ビジョンの広報大使として善良な影響力を発揮していることが話題になったりもした。

ジュノ ワールド・ビジョン広報大使

写真:JYPエンターテインメント

ジュノの除隊後復帰作となるドラマ「袖の赤い裾口」は、今年下半期にMBCで放送開始となる予定だ。




ページ上部へ戻る