マ・ドンソク主演『ザ・バッド・ガイズ』インタビュー映像公開

ⓒ 2019 CJ ENM CORPORATION, BIDANGIL PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED

『新感染 ファイナル・エクスプレス』『悪人伝』のマ・ドンソク主演最新作『ザ・バッド・ガイズ』を4月9日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにて全国公開致します。この度同作品のインタビュー映像が解禁となった。

主演は、イ・ビョンホン、ハ・ジョンウ共演の『白頭山大噴火』、MCU作品『エターナルズ(原題)』の公開を控えるマ・ドンソク。特殊犯罪捜査課に召集された、服役中の“伝説の拳”パク・ウンチョルを演じる。

「ザ・バンカー」のキム・サンジュンが特殊犯罪捜査課の設計者オ・グタクを、『カンナさん大成功です!』のキム・アジュンが天才詐欺師のクァク・ノスンを、「ここに来て抱きしめて」の新星チャン・ギヨンが服役中の元エリート刑事コ・ユソンを演じる。

年齢、キャリアは異なるものの、確かな実力とワン&オンリーの魅力で観客を大いに魅了してきた俳優陣が一堂に会した本作は、韓国では映画興行の繁忙期にあたる秋夕(旧暦のお盆)の連休期間から公開。動員1位を獲得する大ヒットを記録した。

ⓒ 2019 CJ ENM CORPORATION, BIDANGIL PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED

ⓒ 2019 CJ ENM CORPORATION, BIDANGIL PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED

この度、本作のインタビュー映像が解禁!作品についてより詳しい背景を知ることのできる秘蔵映像だ。本作の一番の魅力と言っても過言ではないアクションについて、監督は「かなりこだわった」、キム・サンジュンは「カタルシスを感じられる」と自信を見せた。

大きなインパクトを残す護送車横転と炎上シーンから、凶悪犯の脱走シーンまでに費やした日数はなんと2週間以上。前代未聞の重大事件の演出にもとことんこだわった。

ⓒ 2019 CJ ENM CORPORATION, BIDANGIL PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED

ⓒ 2019 CJ ENM CORPORATION, BIDANGIL PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED

ⓒ 2019 CJ ENM CORPORATION, BIDANGIL PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED

主演のマ・ドンソクは「コメディとユーモア、そしてアクションが僕の任務」と語る。
現れただけでその場を沸かす抜群の存在感と、そこはかとないユーモアに思わず口角が上がり、本格アクションに思わず目を見開く。その緩急自在な魅力は本作でも余すところなく発揮されている。

「キャラクターと同じく容赦ないアクションが必要だった」と語るチャン・ギヨンは、武術監督として名高いチョン・ドゥホン主宰、『ノンストップ』のオム・ジョンファも通った名門ソウルアクションスクールで2ヶ月の猛特訓。ワイヤーアクションもこなす急成長を見せた。

キム・アジュンは「アクションが大変で、とても心配でしたが楽しくできました」と振り返る。バッド・ガイズのブレーンとして活躍する彼女にもアクションの見せ場が存分に。華麗な衣装から一点、ジャージ姿でゴロツキどもに立ち向かう勇敢な姿をお見逃しなく。

ⓒ 2019 CJ ENM CORPORATION, BIDANGIL PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED

ⓒ 2019 CJ ENM CORPORATION, BIDANGIL PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED

また、この上ない化学反応を見せるキャラクターたちを演じた俳優陣が、お互いについて語るシーンも。

「ギヨンはとても熱心な俳優で期待の星。謙虚な姿勢に好感を持った」と語るのはベテラン俳優のキム・サンジュン。

マ・ドンソクはキム・アジュンを「頭がよくて度胸のある俳優。難易度の高いアクションも頑張っていた」と称えた。

「緊張や疲労を感じたときでも、キム・サンジュン先輩のおかげで笑って乗り越えられた」と語るのはキム・アジュン。

キム・サンジュンの”おやじギャグ”は撮影中、彼女の癒しだった模様。

本作がスクリーンデビューのチャン・ギヨンは主演のマ・ドンソクについて「”マブリー“の愛称にふさわしく、撮影現場では後輩だけでなく、スタッフまでリードするパワーがありました」とそのカリスマ性に絶大な信頼を寄せた。

ソン・ヨンホ監督は、「役柄に、俳優自身の持つ魅力が投影されていたよう。4人の組み合わせが絶妙でした」と太鼓判を押す。

主演のマ・ドンソクも「何も言わなくても、目を見ただけで息があった」と、バッド・ガイズのバランスの良さ、1人1人をより魅力的に見せることに成功したチームワークに自信を見せた。

「4人の化学反応を楽しんで」(チャン・ギヨン)、「悪党を捕まえる楽しみもありながら、随所にコメディとユーモアも」(マ・ドンソク)、「家族全員で楽しめるクライム映画」(キム・アジュン)と作品の見どころについてもPR。

彼らを率いたソン・ヨンホ監督は「蒸し暑い夏の夜に飲む、1杯の冷たい生ビールのように胸がスカッとする映画」と語る。

映像は拳を握りしめたマ・ドンソクの「ファイティン!」という掛け声で終わる。ぜひ映画館の大きなスクリーンで、彼らの規格外の活躍を見届けて欲しい。


『ザ・バッド・ガイズ』

出演:マ・ドンソク 『新感染 ファイナル・エクスプレス』、『悪人伝』、キム・サンジュン『マイ・ボス・マイ・ヒーロー2 リターンズ』、
キム・アジュン 『カンナさん大成功です!』、チャン・ギヨン 「ここに来て抱きしめて」
監督:ソン・ヨンホ 『鬼はさまよう』
2019年/韓国/115分/カラー/シネマスコープ/5.1CH
原題:나쁜 녀석들: THE MOVIE 英題:THE BAD GUYS:REIGN OF CHAOS 映倫:G
配給:エスピーオー 提供:TIMO Japan/エスピーオー
ⓒ 2019 CJ ENM CORPORATION, BIDANGIL PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED
thebadguys.jp

4月9日(金)より
シネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国ロード-ショー




ページ上部へ戻る