神野美伽、韓国で明日はミスタートロットのキム・ホジュン大ヒット曲「満開」を世界初オフィシャル・カバー!MVショートVer.も公開

©Shin Ji Hoo

「満開」という韓国で生まれた楽曲をご存知だろうか?
韓国の人気オーディション番組“明日はミスタートロット”からブレイクした人気トロット歌手、キム・ホジュンが歌う歌謡曲だ。(※トロットとは、日本でいう「演歌」に該当する韓国の音楽ジャンル)

楽曲を手掛けたのは新進気鋭のプロデューサー、シン・ジフ
この楽曲が収録されたアルバムは、人口約5千万人の韓国において53万枚以上を売り上げる異例の大ヒットとなっている。
これは日本でのミリオンヒットを超えるスケールだ。

この曲を初めてオフィシャル・カバーしたのが、演歌歌手の神野美伽
知人を通じて紹介された作品であるが、原曲の詩が伝える人生観、世界感に感銘を受け、日本のリスナーにも紹介したいと神野自身で日本向けの詩をつけ、歌唱することとなった。悩みながらも、心が折れながらも、懸命に生きようとする人間の愛おしい姿が浮かび上がってくる。

神野が歌う「満開」のアレンジは、ジャニーズなどの編曲も手掛けるヒットアレンジャーha-jが担当した。

以下シン・ジフのコメントより抜粋

「録音された音源ファイルを受け取り、<あ!この曲はこんなふうにも表現できるんだ>という新鮮な感動がありました。熟練の歌い手として、あらゆる感情をのせて「詠む」ように歌い始まった神野美伽の『満開』。
最初のフレーズを耳にした時から、 すでに新しい 『満開』 になっていました。同じ歌詞でありながら、また別の悲しみと切実さがそこに詰まっていました。」

3月24日のCDリリースに先駆け、レコチョク、Apple Music、Spotify、YouTube Musicなどの各種音楽配信サイトにて先行配信がスタートとなり、韓国、台湾、中国を含む全世界でも同タイミング配信がスタートしている。

今、この時代だからこそ胸に響いてくるメッセージに触れてみてはいかがだろうか。

キム・ホジュンの「満開」MV

キム・ホジュンの「満開」フルバージョン

神野美伽の「満開」ショートVer.MV

神野美伽(しんのみか)


生年月日:1965年8月30日
出身地:大阪府
資格:少林寺拳法二段 書道二段 日本舞踊名取 ハングル能力検定3級
1級船舶操縦免許

1977年 テレビ東京 「東西対抗チビッコ歌まね大賞」 に出演しスカウトされ 1984 年高校の卒業を待ちデビュー。市川昭介門下という事とデビュー年が都はるみさんの休業した時期と重なる事から「都はるみの再来 」と話題に。

85年3作目となる「男船」が70万枚を超えるヒット。87 年には NHK紅白歌合戦初出場。

99年には韓流ブームの先駆けとなる日本人初の韓国デビュー、2001年NHK Eテレ「ハングル講座」にレギュラー出演。
NHKラジオ番組の司会や 2004 年より 放送中の「神野美伽のオツな一日」などトークにも定評。

歌手活動以外にも、舞台緒形拳追悼公演 「王将~坂田三吉の生涯」、「吉本百年物語」 、織田作之助 作 「蛍」 、白井晃演出の音楽劇「SIZUKO!」や映画、ドラマにも出演。ニューヨーク公演、海外音楽フェス(SXSW18) 、 ロックフェス、シャンソン、ジャズ などのイベントにも出演、グラミー賞受賞アーティストとの共演、異ジャンルアーティストとのコラボも積極的に行い活動の幅を広げている。
レコチョク【公式】はこちら>>




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません