NIK(ニック)デビュー前初お披露目イベント「NIK STARTING OVER -01」新メンバー・テフンの加入も決定!正式デビューへ期待が高まる公演で魅了【オフィシャルレポート】


ユナク(SUPERNOVA)がプロデューサーを務め、育成プロジェクト「G-EGG season1」を経て結成された日韓合同グローバルグループ、NIK(ニック)のデビュー前初のお披露目イベント「NIK STARTING OVER -01」が、2020年12月30日(水)、31日(木)に東京・Zepp Tokyoで開催、ニコニコ生放送で同時配信された。

残念ながらシヒョクが体調不良により欠席となったものの、日本と韓国それぞれで活動をしてきたメンバーが一つの舞台に集った今回の公演は「G-EGG season1」に共に参加し、後のカウントダウンライブで正式にメンバーとして加入することが発表されたテフンをゲストに迎え、大きな盛り上がりを見せた。

ファンミーティングとライブが各4公演ずつ、計8回行われた中から、今回は30日(水)12:00からのファンミーティングと、14:30からのライブのレポートをお届け。

12:00からのファンミーティングは、日本語が堪能なテフンとユンソルがMCを担当し、メンバーひとりひとりを掘り下げて知ることができる企画が満載。

ソロでのダンスを披露したゴンミン、ユンソル、史也、ラップで魅せた太一、アコースティック・ギターの演奏にのせて抜群の歌唱力を発揮したパク ハ、日向、龍太、テフン、コ ゴン、ピアノの弾き語りを披露したヒョンス、得意の空手で力強さを見せた瞭と、それぞれが多彩な魅力をアピールした。

また、ファンから寄せられた意見や普段のメンバー間の呼び方を参考にしながら、改めて一人ずつのニックネームをつけたり、「NIK知識王決定戦」と題し、グループにまつわるクイズを行ったりと、さまざまなコーナーを展開。冒頭、やや緊張気味に見えたメンバーたちも時間が経つにつれ、緊張がほぐれ笑顔を見せていく姿が印象的だった。

14:30からのライブの1曲目を飾ったのは、オリエンタルな雰囲気を醸すダンス・チューン“Hurricane”。
パートによってステージに立つ人数が変わる激しいフォーメーションチェンジも相まって、全員が舞台の上に揃ったときの姿は圧巻。

オープニングからダイナミックでパワフルな魅力を発揮したところで、休む間もなく“Jealousy”に突入。
中央で1つの花を作るような華やかな振り付けも印象的で、メンバーのセクシーな表情も手伝って、楽曲の持つ色気がどんどんと増していく。

開始早々激しいパフォーマンス曲2曲を届けたところで、改めて自己紹介と本日の意気込みへ。

ファンへの感謝や気遣い、当日を迎えた感想を通じ、短いながらも持ち前のキャラクターが垣間見える言葉のチョイスし盛り上げる。
「(会場では)みなさんが大きな声をだして応援ができない分だけ、自分たちがもっと頑張ろう」というオーディエンスに配慮したリーダー、ゴンミンの言葉も胸を打つ一幕だった。

全員が椅子に腰掛けながらのパフォーマンスとなったミディアムバラード“あの時へ”を切なくしっとりと聴かせたあと、ユニットコーナーへ。パク ハ、コ ゴン、龍太、日向、テフンのボーカルチームは東方神起の“Bolero”を披露。
高難易度の楽曲を時にパワフルに、時に繊細に歌い上げる5人の姿に、胸が熱くなった人も多いはず。

ラップチームは、ボーカルチームのステージに続き登場のテフン、そして太一がステージへ。声質の異なる二人が力強いラップの掛け合いを見せたあと、ポップなトラックにのせて瞭があらわれ、クールなラップを届けた。ラストを飾ったゴンミン、ヒョンス、ユンソル、史也によるダンス・チームは、複数の曲を組み合わせ、緩急をつけながら異なるテイストのパフォーマンスで魅せていく。

短い時間ではあったがユニットステージで、NIKのバラエティに富んだ魅力を改めて感じる時間となった。

リハーサル中の動画を挟み披露されたオリジナルのバラード曲” Stand Together“では、曲に綴られたファンへの思いを歌声にのせ丁寧に届け、パフォーマンスの熱をあげていく。

続く “I DON’T CARE”は、ポップ&キュートな楽曲の世界観をそれぞれの愛らしい表情や動きで表現。
パフォーマンスによって自在に色を変えていく、そのポテンシャルの高さもまたNIKの魅力なのだと感じるステージだった。

終盤のトークパートでは、ファンの皆さんをお待たせしてしまったという申し訳ない気持ちと、その分これから頑張りたいという気持ちが強いと話した史也、ファンと共に過ごせることが何より嬉しいというゴンミン、これからのさらなる活動を誓ったユンソルなど、メンバーそれぞれが今抱いている思いを正直に語った。

イベントのラストスパートとなるパフォーマンス1曲目は、ダイナミックなエレクトロ・チューン“Santamonica“を披露。
ファンの方からの人気も高い楽曲ということもあり、盛り上がりは最高潮へ。

ラストは「G-EGG season1」でのテーマ曲でもあった“LIFE GOES ON”。一人ずつがセンターへと進みパートを披露していく様子も印象的なこの曲でライブは幕を閉じた。

デビュー前にも関わらずNIKを応援してくださるファンがいることに感謝し、1曲1曲を全身全霊で届けていくメンバーたちの姿は、NIKメンバー決定からの約半年間メンバー揃っての練習がなかなかできない逆境を皆で乗り越えたことを感じさせ、また、バラエティー豊かなメンバーのそれぞれの魅力もしっかりと感じられる1時間半だった。

31日に行われたカウントダウン公演では、今回の公演までゲストとして参加していたテフンのNIKへの正式加入もサプライズで発表されたのだが、テフンを胴上げするほど加入を喜んでいた他のメンバーたちの姿も印象的だった。2日間の公演を通して、韓国メンバーの日本語での受け答えに努力を感じ、些細なやりとりのなかにもメンバー同士の絆が見える場面もあり、2021年の正式デビューへの期待がますます高まるそんな公演となった。

オフィシャルレポート公演詳細

①NIK STARTING OVER -01

2020年12月30日(水) 12:00開演(ファンミーティング公演)

【セットリスト】
1.LIFE GOES ON

②NIK STARTING OVER -01

2020年12月30日(水) 14:30開演(LIVE公演)

【セットリスト】
1.Hurricane
2.Jealousy
3.あの時へ
4.Bolero(原曲:東方神起)/パク ハ、コ ゴン、龍太、日向、テフン
5.Rap Performance/太一、瞭、テフン
6.Dance Performance/ゴンミン、ヒョンス、ユンソル、史也
7.Stand Together
8.I DON’T CARE
9.Santamonica
10.LIFE GOES ON

開催された全公演の概要

NIK STARTING OVER -01
会場:Zepp Tokyo(東京都江東区青海1丁目3−11)

開催日時
2020年12月30日(水)
① 開場11:30/開演12:00(ファンミーティング公演)
② 開場14:00/開演14:30(LIVE公演)
③ 開場16:30/開演17:00(ファンミーティング公演)
④ 開場19:00/開演19:30(LIVE公演)

2020年12月31日(木)
① 開場15:00/開演15:30(ファンミーティング公演)
② 開場17:30/開演18:00(LIVE公演)
③ 開場20:00/開演20:30(ファンミーティング公演)
④ 開場22:30/開演23:00(カウントダウンLIVE公演)※配信のみ




ページ上部へ戻る