NCT 「Beyond LIVE」スペシャル公演、世界中の124ヵ国20万人の視聴者が熱狂! 23か国でTwitterリアルタイムトレンド1位総なめ

NCT 「Beyond LIVE」スペシャル公演
NCTが世界初のオンライン専用有料コンサート「Beyond LIVE」を通してスペシャル公演を行い、世界124か国20万人が視聴、大熱狂の2時間30分となった。

12月27日15時よりNAVER V LIVEを通して生中継された「Beyond LIVE – NCT : RESONANCE ‘GLOBAL WAVE’」はNCTのユニークな音楽のカラーと多彩な魅力、ARおよびグラフィック効果が合わさった華やかなステージを観ることができ、熱い反響を得た。

特に今回の公演は日本はもちろん、韓国、アメリカ、中国、タイ、インドネシア、カナダなど世界中の124カ国から20万人の視聴者たちがリアルタイムで一緒に公演を楽しみ、「#NCT2020_Beyond_LIVE」およびメンバーの名前、曲名など公演に関連するハッシュタグもメキシコ、ブラジル、ベトナム、ベルギー、アルゼンチン、ニュージーランド、フィンランド、ハンガリーなど23ヵ国でTwitterのリアルタイムトレンド1位を総なめし、NCTのグローバルパワーをもう一度証明することとなった。

この日の公演でNCTは2016年に発表したデビュー曲「The 7th Sense」から「My Everything」「All About You」「Faded In My Last Song」「Light Buld」など今年リリースした2ndアルバムの収録曲のステージ初披露までNCTの成長とバラードで魅せる圧倒的な歌唱力など無限の魅力を満喫できる多彩なパフォーマンスを披露した。

さらに「BOSS」「WITHOUT YOU」「Baby Don’t Stop」「90’s Love」「Work It」「From Home」「Misfit」などいろんなメンバーの組み合わせとケミストリーを楽しめるNCT Uのステージはもちろん、NCT 127「英雄; Kick It」「TOUCH」、NCT DREAM「GO」「Déjà Vu;舞代路」、WayV「Bad Alive」「月之迷 (Nectar)」など各チームの独特な個性が際立つステージ、圧倒的なダンスパフォーマンスとメンバー同士の完璧なシナジーか感じられるグループ曲「RESONANCE」など全21曲の幻想的なステージで熱い反響を引き出した。

また、「Make A Wish」のステージではAR技術で壮大な宮殿と魔法ランプの形の字幕などを演出して観る楽しさを増幅し、「月之迷 (Nectar)」の大きなチェスボード、「Ridin」のネオンサインいっぱいの街並み、「RESONANCE」の画面を突き破って出てきそうなメタルロゴなどリアルなARおよびグラフィック効果が加わった見どころ満載の内容で視聴者の視線をくぎ付けにした。

公演の最後にNCTのメンバーたちは『今日はデビューの時からこれまで発表した曲たちをステージで披露したけど、僕たちも準備しながら感慨深く、こうしてお見せすることができて嬉しい』と語り、『2020年は23人が一緒に楽しく活動しながら素敵なステージもお見せできて、メンバーたちと良い想い出もたくさんつくることができて有意義だった。今年一年間ファンのみなさんが送ってくれた応援が2021年の活動において大きな原動力になると思う。早く直接会いたいし、これからの活動もたくさん期待してほしい』と感想を述べ、心温まる気持ちも感じられるステージだった。

NCT 127は2021年2月17日にJapan 2nd Mini ALBUM「LOVEHOLIC」をリリースすることが決定しており、徐々に全貌が見え始めているが、どんな魅力がつまっているのか期待が高まる。また、日本人メンバーユウタがパーソナリティを務めるInterFM897「NCT 127 ユウタのYUTA at Home」は初回世界トレンド1位を記録し、毎回Twitterトレンド入りを継続するなど、世界はもちろん、日本国内での人気がさらに加速している。




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません