オ・イネ、自宅で倒れているのを発見…病院に運ばれ呼吸回復

オ・イネ

写真:オ・イネのInstagram

オ・イネが、自宅で意識不明の状態で発見され、病院に運ばれたことが明らかになった。

14日、仁川(インチョン)市 延寿(ヨンス)警察署は、「同日午前5時ごろ、同市内の自宅で意識不明の状態で倒れていたオ・イネを発見し、近隣の病院に搬送した」とし、「発見当時は、呼吸がなく危険な状態だったが、移送中に心肺蘇生などの応急処置を行い、現在は呼吸や脈拍が回復した状態だ」と発表した。
オ・イネの友人が通報したという。

オ・イネは前日の13日、自身のSNSに「久しぶりに週末のソウル・デート。出発~。皆さん、良い週末を」というコメントとともに、おめかしした写真を複数枚アップしていた。
写真に写るオ・イネの表情は明るく、楽しそうな雰囲気であっただけに、突然のニュースにファンらが心配するコメントを書き込んでいる。

1984年生まれのオ・イネは、2011年に映画「私の隣の殺人者」でデビュー、同年、映画「赤いバカンス黒いウェディング」で釜山国際映画祭のレッドカーペットに登場しセクシーな衣装が「破格的だ」と大きな話題になったことがある。

この衣装で一躍話題の的になったオ・イネだが、多くの誹謗中傷コメントも殺到した。

オ・イネは後日、MBC every1のトーク番組「ビデオスター」に出演した際、当時の状況についてドレスの肩紐がズレるハプニングがあり、本人も想定外の露出なってしまったと明かした。

写真:MBC every1「ビデオスター」

写真:MBC every1「ビデオスター」

オ・イネは、日本でも人気を集めたドラマ「馬医」にも出演しており、直近では2018年の、ウェブバラエティー番組「オ・イネのシークレット」に出演していた。

この日、オ・イネのニュースは多くのネットユーザーに衝撃を与え、ポータルサイトのリアルタイム検索語1位にオ・イネの名前がランクインした。




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません