Red Velvetから初のユニット始動!アイリーンとスルギがカリスマ性溢れる音楽性を発揮


絶大な人気を誇る韓国ガールズグループ・Red Velvetからついにアイリーンとスルギのユニットが始動した。

デビュー6年目にして動き出したのは、圧倒的なビジュアルでグループのセンターを務めるアイリーンと、多方面から評価されるパフォーマンス力を持つ実力派、スルギ。

二人は『Red Velvet – IRENE & SEULGI』として、7/6(月)にファーストミニアルバム「Monster」をリリースした。

先立って公開されたティザー画像では、シックな衣装に身を包んでどこかミステリアスな表情を浮かべていた二人。
タイトル曲である「Monster」はコンセプチュアルな歌詞が印象的なポップダンス曲で、「相手の夢の中に入り、ダンスを踊って夢中にさせる不滅の”Monster”」というストーリーが込められている。

重みのあるベースラインと強烈なダブステップサウンドが二人のボーカルとマッチし、アイリーンとスルギの持つヒップな魅力を遺憾なく発揮した新たな姿に出会うことができる。

「Monster」は配信するやいなやグローバルチャートを席巻。iTunes世界45の地域で1位を獲得しているほか、中国のチャートでも首位となり、想像以上の勢いでその存在感を見せつけている。

これまでRed Velvetとして、明るく弾けるようなポップな曲からダークでスタイリッシュな曲まで多彩な楽曲で音楽ファンを魅了してきたが、アイリーンとスルギにしか表現できない、ユニット活動ならではの新しい音楽性に注目だ。

「Monster」MV




ページ上部へ戻る