SEVENTEEN、本日(26日)デビュー5周年を迎え青少年を応援する寄付を実践

写真:Pledisエンターテインメント

SEVENTEEN(セブンティーン)がデビュー5周年を記念し、意味深い善行として青少年を応援する寄付を実践した。

SEVENTEENの所属事務所であるPledisエンターテインメントは26日、「SEVENTEENが同日、デビュー5周年を迎え、社会的弱者層の児童・青少年のために寄付をしました」と明らかにした。

同日、SEVENTEENは所属事務所を通じて「5月26日は僕たちにとってとても意味深い日です。5年という時間の間CARAT(SEVENTEENのファン)と奇跡のような時間を過ごしてきました。ファンの皆さんからもらった愛と僕たちの心を、夢に向かって挑戦する人々と分かち合いたいと思います」とのメッセ=ジを伝えた。

SEVENTEENの寄付金はNAVERハッピービーンを通じて韓国多文化青少年協会、社会福祉法人エンジェルスヘブン、恩平(ウンピョン)幸福地域児童センターに贈られ、多文化家庭児童学習メンタリング支援、奨学金支援、文化芸術教育支援などに活用される予定だ。

中でも恩平(ウンピョン)幸福地域児童センターはSEVENTEENがデビュー3周年の時にも寄付をしたところで、SEVENTEENドリームセンターが設立・運営されている。

SEVENTEENは、デビュー4周年記念の際にも緑の傘子供財団を通じて子供たちの安全な住居権保障に努める「家らしい家に」キャンペーンに参加している。




ページ上部へ戻る