韓国映画「スウィング・キッズ」神がかりなタップを踏むラストシーン公開中!EXO(エクソ)D.O.圧巻パフォーマンスに韓国映画業界も熱狂🔥


アジア全土で絶大な人気を誇るK-POPグループEXO(エクソ)のメインボーカルを務め、また韓国で大ヒットを記録した『神と共に』二部作をはじめ、俳優としても目覚ましい活躍を遂げるD.O.(ド・ギョンス)が主演を務める映画『スウィング・キッズ』が、2月21日(金)シネマート新宿ほか全国順次ロードショーとなる。

本作の主演を務めるのは、アジア各国で絶大な人気を誇るK-POPグループEXO(エクソ)のメインボーカルを務め、また韓国で大ヒットを記録した『神と共に』二部作をはじめ俳優としても目覚ましい活躍を遂げるD.O.(ド・ギョンス)。
身体能力を遺憾なく発揮し、タップダンスから北朝鮮の方言まで、約5ヶ月間に及ぶ猛特訓をこなし、ダンスに魅了された朝鮮人民軍ロ・ギス役を見事に演じきった。

現在、本作のラストシーンが公開中となっている。
映像は、ラストシーンに映し出される、本作の最大のハイライト!
役作りのために減量や頭髪を短く刈り上げたEXO(エクソ)D.O.の、ブロードウェイのタップダンサーと張り合う、超絶タップダンスシーンが確認出来る。

主人公・ロ・ギス役を演じたEXO(エクソ)D.O.が、「一緒に踊れただけで幸せでした」と語る、ジャクソン役を演じた元ブロードウェイダンサーの、ジャレッド・グライムスとの競演が光る本映像。
無音の体育館の中、汗まみれの二人がタップを踏み始めると、“矢吹丈 vs 力石徹の打ち合い”の如く、タップで張り合う瞬間が収められている。

不揃いだったリズムが徐々に揃い始め、魂のパフォーマンスへと進化していく…。
そしてシンバルの振動音が早くなるにつれて、タップ音も同調していき、圧巻のパフォーマンスはジャンプ一発で終焉!

圧巻のパフォーマンスが、何故ラストシーンに採用されたのか、劇場で確かめていただきたくなる、超絶技巧シーンに仕上がっている。

タップダンスについて、総合振付を担当したイ・ラニョンは「カットがかかるたびに拍手が沸き起こりました」と語るほど、キャスト陣のダンスが“神がかっていた”と明かしている。
特に世界的ダンサーである、ジャレッド・グライムスのパフォーマンスが超絶過ぎて、カン・ヒョンチョル監督が「超人的だった」と脱帽したご様子。さらに監督は「それほどタップダンスは正直なダンスなんだそうです。練習量が実力に比例すると聞きました」と、キャスト達を労った。

映画『パラサイト 半地下の家族』で湧く、韓国映画業界も熱狂した本作のタップダンスシーンを、是非作品で確認してみて。

韓国映画「スウィング・キッズ」

キャスト

D.O.(EXO) 『神と共に 第一章:罪と罰/第二章:因と縁』
ジャレッド・グライムス
パク・ヘス「ヨンパリ」『あなた、そこにいてくれますか』
オ・ジョンセ『操作された都市』
キム・ミンホ「七日の王妃」

スタッフ

監督・脚本:カン・ヒョンチョル『サニー 永遠の仲間たち』
製作総指揮:キム・ウテク『新感染 ファイナル・エクスプレス』
撮影:キム・ジヨン『天命の城』
編集:ナム・ナヨン『天命の城』
音楽:キム・ジュンソク『サニー 永遠の仲間たち』

2018年/韓国/133分/5.1ch/日本語字幕:根本理恵
原題:스윙키즈
英題:SWING KIDS
配給:クロックワークス
© 2018 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & ANNAPURNA FILMS. All Rights Reserved.

2月21日(金) シネマート新宿 ほか全国ロードショー




ページ上部へ戻る