SUPER JUNIOR、新型コロナウイルス(武漢肺炎)感染予防のためマスク1万枚を寄付!韓国でもマスクの売切れ、値上げが相次ぐ…

SUPER JUNIOR

写真:Label SJ

SUPER JUNIOR(スーパージュニア)が新型コロナウイルス(武漢肺炎)と関連し、マスク1万枚を寄付した。

愛の実社会福祉共同募金会は、「SUPER JUNIORが新型コロナウイルスと関連し、韓国の児童・青少年福祉施設のためにマスク1万枚を寄付しました」とし、「免疫力の弱い児童や青少年のために、感染予防の基礎衛生用品であるマスクを寄付したものです」と29日、明らかにした。

SUPER JUNIORは、「新型コロナウイルスが拡散しており、特に免疫力の弱い児童や活動が多い青少年の健康状態が懸念され、寄付することにしました。小さなことですが、お役に立てれば幸いです」と伝えた。

韓国動画まとめ

日本でもマスクの売り切れや値上げされた値段が報道されているが、韓国でもオンラインを中心にマスクの品切れ、値上がりが相次いでおりマスクの不足が憂慮されている。

SUPER JUNIORは新型コロナウイルスのため、28日に予定されたカムバックショー「SUPER JUNIOR THE STAGE」の収録を非公開で行った。

昨年4月にはSUPER JUNIORのメンバー ヒチョルが江原道(カンウォンド)の山火事の被害救護のために愛の実に3,000万ウォンを寄付している。




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません