SEVENTEENの3rdアルバム「An Ode」、米ビルボード「2019年最高のK-POP25アルバム」1位に選定!

写真:米ビルボード公式サイト

SEVENTEEN(セブンティーン)の3rdアルバム「An Ode」が、アメリカのビルボードが発表した「批評家が選ぶ最高のK-POP25アルバム」の1位に選ばれた。

ビルボード側は2019年12月31日(現地時間)、公式サイトを通じて「The 25 Best K-pop Albums of 2019:Critics’Picks」の記事を掲載した。
記事に批評家が選んだ2019年最高のK-POPアルバムを紹介する内容が書かれている。

「An Ode」はSEVENTEENが約1年10ヵ月ぶりに出したフルアルバムで、初動売上70万枚を記録した。同時に米ビルボード、MTV、英NMEなど海外各国の主要メディアでも集中的にスポットライトを浴びた。

ビルボード批評家は「SEVENTEENがグループの明確な芸術性を示しながら、彼ら自身の音楽で成長したことを示している」と高く評価した。

また、「SEVENTEENはデビュー以来メンバーが音楽作業に参加し、自らSEVENTEENらしさとは何なのか、引き続き新しいことを実験し試みている。進化する間、アイデンティティを守る方法を我々に見せてくれた」と絶賛した。

SEVENTEENは10日、「SEVENTEEN WORLD TOUR『ODE TO YOU』」のニューアーク公演を行う予定だ。
これを皮切りにシカゴ、ダラス、ヒューストン、メキシコシティ、ロサンゼルス、サンノゼ、シアトルなどの北米8都市公演を控えている。




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません