チャンミン、東方神起デビュー16周年の感想を伝える

写真:チャンミン Instagram

東方神起のチャンミンが、東方神起がデビュー16周年を迎えた感想を伝えた。

26日、チャンミンは、自身のインスタグラムに「こんにちは~皆さん遅くなりましたが、クリスマスの連休楽しく過ごしましたか?今日12月26日がは僕が歌手デビューしてからもう16年目になる日です。まずは、本当にありがとうございます。時が過ぎるのは本当に早いですね~」とデビュー16年目を迎えたことについてファンに感謝のメッセージを伝えながら、1枚の写真を掲載した。

写真の中のチャンミンは、変わらぬハンサムな笑顔を見せている。

チャンミンは、「少年から今はおじさんと呼ばれてもおかしくない年齢になった」とし、以前あるファンが「過激な私たちのせいで大変な時もあったでしょうが、10代の時すべてが不安定で生半可だった時、その時代に私たちが熱烈に応援し愛したのがお兄さんたちでした。私たちに熱くなれる時間を作ってくれてありがとう」という手紙を送ってくれたと伝えた。

チャンミンは「手紙をもらって感動した。最近は、誰かの前で歌ったり踊ったりする職業で長い間愛されるということが、だんだん難しく感じる」と伝えた。
そして「その中で、16年もずっと愛される歌手として過ごさせてくれたファンの皆さんにもう一度心から感謝します」と綴った。

東方神起は5人組グループで2003年12月26日に初めてテレビ番組に出演、2004年1月にシングル「Hug」でデビューし絶大な人気を誇った。

ジェジュン、ジュンス、ユチョンの3人は専属契約紛争を経て2010年からは「JYJ」として活動を開始、チャンミンとユンホは2011年に2人組として東方神起の第二幕を開き活発に活動している。




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません