カン・ハヌル&アン・ジェホン&オン・ソンウ出演のバラエティ番組「トラベラー」来年2月に韓国で初放送!

写真:JTBC

JTBCのバラエティ番組「トラベラー:リュックを背負った混沌の旅行者」アルゼンチン編(以下「トラベラー」)が、来年2020年2月より韓国で放送をスタートする。

2019年2月に初放送された「トラベラー」は、旅行者の視線で旅行を語るドキュメンタリー形式の旅番組。
同番組では韓国のトップスターが、制作陣の介入なしに自ら旅のすべての瞬間を経験し満喫しながら、芸能人としてではない本当の自分を探す旅を描いた。

旅行番組として新たな幕を開く「トラベラー」は2020年2月、ドラマ「椿咲く頃」で全国のお茶の間を虜にした俳優カン・ハヌルと、ドラマ「メロが体質」で魅力的なトークを披露した俳優アン・ジェホン、そして「十八の瞬間」を通じて美しい青春を記録したWanna One(ワナワン)出身のオン・ソンウと共に旅に出る。

3人のスターがともに向かう先は地球の反対側、最も遠い国のアルゼンチン。
芸術と情熱の国アルゼンチンの首都ブエノスアイレスからジョナダン・スウィフトが「ガリバー旅行記」のインスピレーションを受けたという巨人の土地パタゴニア、そして南極への入り口である南アメリカ大陸の最南端まで、土地が広すぎて1日に4つの季節があるというこの国を3人のトラベラーがどのように旅行するのか、どのようなストーリーを視聴者に見せてくれるのか期待を集めている。

毎回、映像と音楽で視聴者を驚かせた番組であるだけに、ワインとタンゴの地元として知られているアルゼンチンの隠れた魅力も存分に楽しめるはずだ。

前作に続き、「トラベラー」アルゼンチン編も旅行専門家で構成された制作陣が同行、「知ってるお兄さん」の演出者であり、ユーラシアを横断旅行してフォトエッセイ「地球星写真館」を出版したチェ・チャンスPDと「部屋の隅1列」を演出したキム・ジェウォンPDが演出を務める。

また、作家としては約30ヶ国を旅行しながら旅行エッセイ「30歳、結婚の代わりに夜逃げ」を出版したキム・モッジ作家が参加する。

JTBC「トラベラー」アルゼンチン編は、2020年2月に初放送となる予定だ。




ページ上部へ戻る