イム・シワン、4年ぶりのファンミーティング大盛況!万能エンターテイナーの魅力発散

写真:PLUM ACTORS

俳優兼歌手のイム・シワンが、4年ぶりに開催したファンミーティングをファンの熱い声援の中、大盛況に終えた。

8日、イム・シワンはソウル広津(クァンジン)区YES24ライブホールで「2019イム・シワンファンミーティング~Close to You:もっと近く~」を開催し久しぶりにファンと会った。

約4年ぶりに開催されたファンミーティングとあってファンの期待がマックスの中、イム・シワンはMCのパク・ジソンとともに、トークコーナーを進めた。

イム・シワンは、自分の日常とこれまで出演した作品のエピソードを語り、「見ていて楽な俳優になりたい」という今後の俳優としての願いを明らかにした。

ユン・ジョンウ役で出演中のOCNドラマ「他人は地獄だ」のシーンを演じ、多くの支持を受けたグラビアのポーズを取って披露するなど、MCの即興のリクエストにも明るく積極的に応じ、イム・シワンの魅力を感じさせた。

イム・シワンはファンのための曲「TICK-TOCK TICK-TOCK」の初ライブを公開、さらにtvNドラマ「ミセン-未生-」のOST「それでも、それで」、MBCドラマ「王は愛する」のOST「私の心は」を歌い、ファンを魅了した。

この他にも、ZE:Aダンスメドレーを通じて華麗なパフォーマンスと舞台で注目を集めた。

イベントコーナーでは、ファンミ参加者のファンに電話をかけ歌を歌う特別イベントも行い、ファンを熱狂させた。

イム・シワンは、「多忙なスケジュールの中でも良い姿で皆さんに会うために一生懸命準備しました。とても楽しくて幸せな時間でした。これからもファンの皆さんと良い時間を頻繁に持てるように努力します」とファンミーティングを終えた感想を伝えた。

イム・シワンは現在「他人は地獄だ」に出演中で、その後は映画「ボストン 1947」の撮影を行う予定だ。




この記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る