SEVENTEEN、3rdアルバムのタイトル曲は「毒:Fear」!メンバーが全曲の作詞・作曲に参加

写真:Pledisエンターテインメント

SEVENTEEN(セブンティーン)が3rdアルバムのタイトル曲名が「毒:Fear」であることを明らかにした。

9日、SEVENTEENの所属事務所であるPledisエンターテインメントは、公式SNSチャンネルを通じて3rdフルアルバム「An Ode」のトラックリストとともにタイトル曲名「毒:Fear」を公開した。

「毒:Fear」は、重みのあるベースサウンドとメンバーのボーカルが調和したR&Bジャンルの楽曲で、メンバーのWoozi(ウジ)、Vernon(バーノン)、S.COUPS(エスクプス)が作詞に参加し、Wooziは作曲にも参加した。

3rdアルバムは、SEVENTEENが約1年10ヵ月ぶりに発売するフルアルバムで、トラックリストにラインナップされた収録曲に関心が集まっている。

公開されたトラックリストのイメージには、3rdアルバムの5つのバージョンを象徴する写真がランダムに並んでおり、独特の雰囲気を放っている。

先月5日に発売された「HIT」をはじめ、「Lie Again」「Let me hear you say」「Lucky」「Snap Shoot」、日本での1stシングルアルバムのタイトル曲を翻案した「Happy Ending」など多彩な収録曲を含め、パフォーマンスユニットの「247」、ボーカルユニットの「Second Life」、ヒップホップユニットの「Back it up」、ミックスユニットの「Network Love」まで様々な楽曲が収録されている。
「自主制作アイドル」として名を馳せたSEVENTEENは、今回のアルバムにも全曲にメンバーが関与し、完成度の高い曲を披露する予定だ。

SEVENTEENは16日に約1年10ヵ月ぶりに3rdフルアルバム「An Ode」でカムバックする。




ページ上部へ戻る