カン・ダニエル、規模拡大したバンコクファンミーティング大盛況に終える

写真:KONNECTエンターテインメント

歌手カン・ダニエルがバンコク公演を盛況裏に終えた。

7日、カン・ダニエルはタイ・バンコクでソロデビュー記念単独ファンミーティング「KANG DANIEL FAN MEETING:BANGKOK」を開催した。
カン・ダニエルは、ファンミーティングで自身のソロデビューアルバム「color on me」に収録された全曲ステージや多彩なコーナーを準備し、現地のファンと楽しい時間を過ごした。

「intintro」のステージでオープニングを飾ったカン・ダニエルは、タイトル曲 「何をしているの?」をはじめ、「color」「Horizon」「I HOPE」など全収録曲を披露した。
ジャスティン・ビーバーの「SORRY」を特別舞台として披露したり、オリンピックリレーゲーム、インタビューなどのコーナーを通じて、ファンとのコミュニケーションを取った。
またこの他にも、未公開の自撮り写真公開やタイ語を学ぶ時間まで多彩なコーナーも準備した。

一方のバンコク現地のファンは、カン・ダニエルのためにサプライズ映像を準備した。

今回のバンコク公演は、チケット先行予約がスタートするとすぐに全席ソールドアウトとなった。
そのため、追加席のチケットオープンに関する問い合わせが殺到し、8,000席に規模を拡げるほど開始前から現地ファンの熱い反響があった。

それだけファンの熱狂を集めたファンミーティングであっただけに、公演が始まる前のリハーサル段階から公演会場の外に漏れ聞こえる音楽に合わせて全曲を歌うファンの姿も・・・。

カン・ダニエルは公式SNSを通じて、「いつもコンサート場を応援の声で満たしてくださるDANITY(カン・ダニエルのファンクラブ)本当にありがとう。また会いましょう、僕たち」とファンへの感謝の気持を伝えた。

カン・ダニエルは台北、クアラルンプール、シドニー、マニラ、香港など5都市でファンミーティングツアーを続けていく。




ページ上部へ戻る