EXO、約1年6ヶ月ぶりのシンガポールでのコンサートを大盛況に終える

写真:SMエンターテインメント

EXO(エクソ)がシンガポールでの単独コンサートを盛況裏に終えた。

今月15日、EXOはシンガポールのインドアスタジアムで「EXO PLANET#5-EXplOration-in SINGAPORE」を開催した。
約1年6ヵ月ぶりに開催されたEXOのシンガポールでのコンサートに、ファンは大熱狂した。

この日の公演でEXOは、「Tempo」「Love Shot」「Gravity」「Damage」など、5thアルバム及びリパッケージアルバムの収録曲を披露した。
「Growl」「Overdose」「CALL ME BABY」「Monster」「Power」などのヒット曲や、SEHUN&CHANYEOLのユニットステージ、ベクヒョンの「UN Village」、スホの「Been Through」、チェンの「Lights Out」、カイの「Confession」などソロステージまで全23曲の多彩なセットリストで観客を魅了した。

観客はドレスコードを白に合わせて、ペンライトを振りながら歌を歌った。「宇宙がいくら広くても、EXO_L(EXOのファン)はここにいるよ」というスローガンが書かれたスローガンイベントも行った。

EXOは20~22日にタイ・バンコクのインパクト・アリーナで「EXO PLANET#5-EXplOration-in BANGKOK」を開催する予定だ。




ページ上部へ戻る