パク・ボゴム、アジアファンミーティングを盛況に終了!9都市5万人のファンと特別な時間過ごす

写真:BLOSSOMエンターテインメント

俳優パク・ボゴムが6月22日、マニラ公演を最後に「2019 アジアツアー」を大盛況で終了した。

パク・ボゴムは今年1月26日のソウル公演を皮切りに、日本、バンコク、シンガポール、香港、ジャカルタ、クアラルンプール、台湾を経て今月22日のマニラまでの6ヵ月間、約5万人余りのファンとの特別な時間を過ごした。

今回のツアーは「Good Day」というタイトルで進められた。
同ツアーは「ファンと一緒に過ごす全ての時間が良い日として記憶されることを願う「という気持ちを込めて、パク・ボゴムが直接企画し、意味があるものとなった。

パク・ボゴムは各都市の公演ごとに特色を出し、それぞれの現地の歌を歌った。慣れないながらもバンコク、ジャカルタ、クアラルンプール公演で一生懸命に現地の言語で歌を歌い、ファンの大きな感動を集めた。

さらに、都市毎に異なる非公開映像とプレゼント、本人の姿が写ったポラロイド写真とサインしたハートボールなどを準備し、計5,000個以上のプレゼントに1つ1つサインしてファンに渡し、ファンへの深い愛情を感じさせた。

また、ドラマ「ボーイフレンド」の名場面を舞台上でファンと一緒に真似しながら「1日ボーイフレンド」としての姿を見せたりもした。

公演後半では、ファンのための感謝の気持ちをアンコール舞台で飾り、ハイタッチでファンを見送った。

特にパク・ボゴムは、今回の「2019 アジアツアー」を通じて、ファンはもちろん現地マスコミをも魅了した。
各都市のマスコミは、パク・ボゴムの特別なファンサービスと多彩な魅力、パク・ボゴムが大人気を集める理由について相次いで報じ、好評を伝えた。




ページ上部へ戻る