ヨ・ジング、2 年半ぶりの来日ファンミーティング 変わらぬ謙虚さで笑って泣いて(?)大盛況のうちに終了

ヨ・ジング

©FRAU INTERNATIONAL

先日韓国で大好評のうちに幕を閉じたドラマ『王になった男』に主演し、抜群の演技力を見せた若手実力派俳優ヨ・ジング。そんな彼のおよそ 2 年半ぶりとなる来日ファンミーティング『YEO JIN GOO JAPAN FANMEETING 2019 – Brilliant Spring Day-』が 4 月 13 日横浜ランドマークタワーホールで開催された。

ヨ・ジング

©FRAU INTERNATIONAL

オープニング映像が流れた後、スーツ姿で登場するとドラマ『王になった男』の OST であるソン・シギョンの『If I Could Be by Your Side』を熱唱。
すっかり凛々しい男性となったヨ・ジングの姿に会場は歓声につつまれた。

その後の挨拶では「あまり上手に歌えなくて申し訳ないです。練習では上手く歌えたのに…」とはにかみながら、変わらぬ謙虚さを見せた。

ヨ・ジング

©FRAU INTERNATIONAL

1 部のトークコーナーでは、出されたお題に対して制限時間3秒以内に二つの選択肢から回答したり、お絵かき心理テストに挑戦したり、ファンからの質問に答えたりと、日本語を交えながら終始笑顔で2年半ぶりのファンミーティングを楽しんでいたヨ・ジング。

初めてのキスシーンが大変だったことや息抜きは寝ること、また二十歳を越えてからはジムに通い、食事制限をして自己管理にも気を遣っていると明かした。

『どんな人に惹かれるのか』が分かる心理テストでは、「自分のセクシーな魅力に興味があり、いつも人の視線を意識する」と分析されて、恥ずかしさのあまりホワイトボードの後ろに隠れてしまう可愛らしい一幕も。

また、韓国のオススメの飲食店を教えてほしいというファンからの質問にはお店の場所がハッキリ分からないということで舞台袖にいるスタッフに SOS。最終的には客席から教えてもらうなど、本人の人柄通りのアットホームな空気でイベントは和やかに進行。

ヨ・ジング

©FRAU INTERNATIONAL

続く 2 部では、黒いパンツと白いシャツに着替えて再登場すると back number の『ヒロイン』をピアノアレンジの弾き語りでしっとりと歌い上げた。
前回のギターに続き、今回はピアノの弾き語りに挑戦したヨ・ジング。

ドラマのクランクアップ後、1 か月ほど練習したというそのピアノの腕前はもちろん、正確な日本語の発音にも驚かされた。

ヨ・ジング

©FRAU INTERNATIONAL

その後はこれまでの出演作品から恋愛マスター/泣きマスター/アクションマスターと、テーマごとに事前にファン投票を行った『キャラクター最強戦』コーナー。
どの作品が 1 位に選ばれるか予想しながら作品トークを展開。

ここでは、テーマに関連したミッションも用意され、『好きな人に告白する』というミッションではファンからのリクエストで日本語での告白に挑戦。「今日は可愛いね。僕たち付き合おうか」と告白し、集まったファンからは大歓声が。

また『20 秒以内に涙を流せ』というミッションでは役者魂を見せつけ、見事 20 秒以内に涙を流して会場をどよめかせた。

ヨ・ジング

©FRAU INTERNATIONAL

最後は、出た目の数に合わせて様々なミッションに挑戦し成功すれば会場のファンにプレゼントができるという『すごろく』に挑戦。

『江南スタイル』の曲に合わせて韓国で流行したうさぎの被り物の耳をピョンピョンさせて可愛さを炸裂させたり、射撃ミッションでは真剣な眼差しをみせ、可愛い姿からカッコいい姿までオールマイティーな魅力を見せてくれた。

また最後の挨拶では日本語で準備してきた手紙を読み上げ、Paul Kim の『Every Day, Every Moment』を披露。
最初から最後まで彼の誠実さが伝わる公演となった。

ヨ・ジング

©FRAU INTERNATIONAL

公演終了後には参加者全員との握手会を行い、ファンとの直接ふれあう貴重な時間となった。

ヨ・ジング ファンミーティング

©FRAU INTERNATIONAL

なおヨ・ジングは、5 月 18 日(土)に幕張メッセで行われる KCON 2019 JAPAN 『K-DRAMA FAN MEETING SERIES』に出演することが発表され、再び日本のファンと対面することとなる。

YEO JIN GOO JAPAN FANMEETING 2019 -Brilliant Spring Day-

日時:2019 年 4 月 13 日(土)
会場:yokohama LANDMARK HALL




この記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る