ONF(オンエンオフ)<ONF -We Must Love- Asia Tour 2019 in JAPAN>スタート、Zepp Tokyoでの初日公式レポ


直前でパフォーマンス曲変更?
すべてはファンへの愛から、ファンのために
『いつもFUSEと一緒にいると時間を忘れてしまいます』

あたたかな春の訪れとともにONF(オンエンオフ)の7人が戻ってきた。

韓国の7人組ボーイズグループ「ONF」が昨年の日本でのファンミーティングに続き、今年は更にスケールアップして、アジアファンミーティングツアー<ONF -We Must Love- Asia Tour 2019>を開催中。
4/11(木)には日本公演<ONF -We Must Love- Asia Tour 2019 in JAPAN>がZepp Tokyoにてにて行われた。

この日を待ちわびていたファンとともに、ついにファンミーティングがスタート!

ONFとは、ON/OFFの相反する言葉が融合しているように、様々な個性やスキルを持ったメンバーが集まり、多彩な才能と魅力を持ったグループという意味が込められている。

また実際にONチームとOFFチームに分かれており、明るく感性的なVo.が強みのONチームのヒョジン、E-TION、MKと、カリスマとパワフルなパフォーマンスが強みのOFFチームのJ-US、ワイアット、U。そしてONFの「エン(&)」の存在を意味し両チームの魅力を双方持つ存在のラウンが登場すると、最初からファンのヴォルテージは最高潮。会場は笑顔であふれ、メンバーへ熱い声援が贈られた。

グループ名を表すかのように、インパクト溢れるパワフル&クールなダンスパフォーマンスと、ステージではしっとり聞かせる楽曲といった相反するスキルを見せ、またトークやゲームの場面では彼らの魅力が詰まった、素顔を垣間見せるような温かな人柄、そして何よりファンを想う気持ちが伝わり、今までよりもっと彼らを好きにならずには言われなかったはずだ。

あるコーナーでは「こんなこともできるの?」と驚かされるような意外な一面も見られた。

トークでは、MCから今回春に日本に来てみた印象を聞かれると、ヒョジンが「この会場に来る途中に、桜がたくさん咲いていました。やっぱり日本は桜ですね〜」と答えたところ、MCが「今日ここにはファンがたくさんいますよね?」と話を振る。するとすかさずヒョジンは日本語で「わぁ〜綺麗な桜ですね〜!」と、機転を効かせたトークで会場を湧かせた。

特技を披露するコーナーではメンバーそれぞれが自分たちの得意な事を披露し、ステージパフォーマンスのみならず、多岐に渡る魅力が溢れるグループであるという事を証明した。

さらにファンの中には、今回のアジアツアーのスタート地である香港まで行ったというファンや次の台湾公演に行く予定というファン、関東以外からも次の公演の地である大阪や、北海道、韓国からやってきたファンもいて、彼ら自身も世界へ向けスケールアップしていることが感じられた。

そして、実は今回の日本公演では、直前でパフォーマンス曲を変更している。それもすべてファンへの愛から、ファンのために。なぜ変更することになったのか、それはぜひ会場に直接足を運んで確認してみて。

会場、時間、共感、想いを融合させ、ONFならではの空間でファンと共にひとつになった。
公演終了後には、終演後参加者全員とハイタッチを行い、ONFメンバーとファンのみんなは笑顔に包まれていた。

ON/OFFの相反する魅力を余すところなく見せつけた、感動のファンミーティングツアー日本公演の幕開けに 4/13(土)に控えた大阪公演もますます期待が高まる。

ONF -We Must Love- Asia Tour 2019 in JAPAN

■大阪公演
日時:2019年4月13日(土)
〈昼公演〉 開場 12:45 / 開演 13:30
〈夜公演〉 開場 17:45 / 開演 18:30
会場:Zepp Osaka Bayside (大阪府大阪市此花区桜島1-1-61)

■料金:(当日券)全席指定 ¥9,000(税込)(ドリンク代別途)
※小学生以上有料、未就学児入場不可
■主催:RISE Communication




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る