A-JAX(エージャックス) 解散を発表、デビュー7年、今後は個人として芸能活動を継続

A-JAX

写真:DSP media

A-JAX(エージャックス)がデビュー7年にして解散することが発表された。

3月31日、DSPメディアは公式サイト及び公式ファンカフェ通じて「A-JAXの5人のメンバーは、本日(3月31日)付で、当社との専属契約が満了したことをお知らせいたします。今後、A-JAXは各自個人としての芸能活動を続けていく予定です。A-JAXのメンバーへの変わらぬ支持と声援をお願いします」とA-JAXの解散を公式発表した。

A-JAXは、KARAの弟グループとして2012年に「ONE4 U」でデビューしたボーイズグループ。

2016年にジェヒョン、ジフ、ソンミンの3人がグループから脱退した後、新メンバーとしてジュンヒが加わって5人組で活動を行ってきたが、メンバー構成変更から約3年で解散することになった。

スンジンとジュンヒは、2017年にKBS2TVの「The Unit」に出演したりもした。

A-JAXは今年1月28日に日本公演を開催したが、これが最後の完全体での公演となった。メンバーのジュンヒは2月18日に入隊している。




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る