EXO ディオ、契約終了説は事実無根「契約期間まだ残ってる」

写真:SMエンターテインメント

SMエンターテインメントが、EXO(エクソ)のディオとの再契約が不発に終わったという報道に対して「事実無根」であるとの立場を明らかにした。

12日、SMエンターテインメントは公式ホームページを通じて「ディオとの再契約不発報道は事実無根であり、契約期間はまだたくさん残っている」との公式の立場を明らかにした。

続いて、「現在オンライン上に流布している当社アーティスト関連の内容は全く根拠のないデマで、虚偽事実が無分別に拡大しながら、アーティストと当社の名誉を深刻に毀損する状況に広がっている」とし、「これに対し当社は上記のような不法行為(作成、掲示、流布)が確認された者に対し、善処なく民事·刑事上の法的措置を取る」と警告した。

そして「当社は今後も上のような悪質なデマに対し、強力な法的対応を続けていく」と伝えた。

これに先立って韓国の一部メディアは、「EXOのメンバーが最近、SMエンターテインメントとの再契約に合意したが、ディオは苦心の末、SMエンターテインメントを離れ、EXOから脱退することにした」と報じていた。

ディオはEXOのメンバーとしての活動以外に、俳優ド・ギョンスとして活躍、映画「神と共に」「スイングキッズ」「あの日、兄貴が灯した光」、ドラマ「100日の郎君様」「大丈夫、愛だ」「ボクらのラブアカデミー」など様々な出演し着実な演技力で人気を集めている。




ページ上部へ戻る