100%故ミヌ、きょう(25日)一周忌…「今も懐かしい顔」ファン追悼の意

写真:100% SNS

グループ100%(100パーセント)のメンバー ミヌがこの世を去ってから1年経った。

ミヌは昨年2018年3月25日、享年33歳でこの世を去った。
当時、所属事務所であるTOPメディアは、「故人は、ソウル江南(カンナム)の自宅で心肺停止状態で発見され、救急隊が出動したが、死亡判定を受けた」と発表した。

1985年生まれのミヌは、2006年KBS2ドラマ「四捨五入3」を通じて俳優デビューした。
ドラマ「王と私」や、映画「特別市の人々」などに出演しながら活動した。

以後、2012年9月、ボーイズグループ100%でアイドルに生まれかわったミヌは、最年長としてビジュアル担当としても活躍し、グループを引っ張った。

アイドルとしては少し遅めのデビューであったミヌは、デビュー3年目の2014年に入隊した。
2016年に除隊後、100%でのグループ活動を続け、2017年KBS2「ザ ユニット」にも出演した。

しかし2018年3月25日、突然この世を去って大きな悲しみを誘った。

所属事務所は25日、100%公式SNSを通じて、「リメンバーミヌ。あの時間あの瞬間。思い出の中にあなたはいつも」というコメントでミヌを追悼した。これに、ファンもまた哀悼の意を表している。

写真:TOP Media

100%は残ったメンバーたちが最近カムバックし、新曲「Still Loving You」で活動中だ。




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る