TWICEをはじめ、日本でも大人気のアーティストが参加した『K-POPミュージックフェスティバル』常夏のグアムで5,000人以上が大熱狂!

グアム政府観光局(GVB)は、2018年12月1日にイパオビーチパークとして知られるガバナー・ジョセフ・F・フローレス記念公園内の特設会場で「MBCミュージックK-POPコンサート・オン・グアム」を開催、5,000人以上の観客動員数を記録した。

グアム島内で過去最大のK-POPコンサートとして、韓国のテレビ局MBCが撮影を行いました。このコンサートの様子は、90分の特別番組として今冬に放送を予定しており、世界中で2,300万人以上が視聴すると期待されている。

「このK-POPコンサートは、この島の観光事業にとって、大きな施策の1つでした。観光客とこの島の住民に『Hafa Adai(ハファ デイ)スピリッツ』を感じていただく素晴らしい機会として、このコンサートは大成功でした。何千人ものK-POPファンと音楽愛好家が、この無料コンサートを体験できたことはとても素晴らしいことでした。MBCをはじめ、出演者の皆様、スポンサー、セキュリティチーム、観光客、グアムの住民の方々、関係各社、イベントパートナー、グアムと各国のメディアの方に御礼を申し上げます。」とグアム政府観光局理事長のミルトン・モリナガは語った。

この無料コンサートは、受賞歴のあるローカルグループのInetnon Gefpa goとSkip Entertainmentによるキックオフイベントから始まり、世界的に人気のあるK-POPグループのTWICEをはじめとする、SUPERNOVA、JBJ95、Mighty Mouth、H.U.Bが会場を盛り上げた。

数千人の観客数のうち、74%を占める3,417人はグアム居住者、26%は観光客だった。
(内訳:韓国人467人、日本人382人、アメリカ人226人、フィリピン人115人、中国人89人、ロシア人17人)

さらに、グアム警察、グアム消防署、セーフティーオフィサー、民間の方々がGVBと協力して、コンサートの参加者にとって安全なイベントになるように努めた。

イベントには、フードやドリンク、およびグッズなど様々なブースが出店し、韓国のポリョンからの訪問団が、毎年行われているマッド・フェスティバルを宣伝するなど、来場者の皆様にライブ以外にも楽しめるコンテンツが用意され、フェイスペインティングなどのアクティビティを通じ、子様連れの家族も楽しめたようだ。




ページ上部へ戻る