インドネシア放送委員会、BLACKPINK出演のローカル広告の放送を「扇情的すぎる」として中止要請

写真:オンラインコミュニティ

インドネシア放送委員会がガールズグループBLACKPINK(ブラックピンク)が出演したローカル広告の放送中止を要請した。

13日、シンガポールメディアによると、最近、インドネシアの放送委員会は、11の地域のTV局に対してBLACKPINK(ブラックピンク)が出演するインターネット通販「Shopee」の広告を「扇情的すぎる」と指摘し、放送規定を遵守していないとして放送しないように要請した。

同報道によると、放送委員会の話として「(広告で)多くの女性が服をほとんど着ないまま歌を歌って踊る。(インドネシアの)世間が守る品位と道徳規範に従わなかった」とし、「今回の警告にも関わらず、関連する広告が引き続き出てくる場合には処罰する予定だ」と警告したとのことだ。

今回放送委員会の決定は、視聴者のオンライン請願によるもので、視聴者は「BLACKPINK(ブラックピンク)の刺激的な動作と表現が出てくる広告が子供たちの番組放送時間帯に出てくる」と主張、この請願は、12日までに、インドネシアのインターネットユーザー11万2,000人の支持を受けているという。

インドネシアはイスラム教徒が人口の絶対多数を占めるが、他のイスラム教徒の国よりも概して女性の対外活動に寛容なものとみられている。しかし一部の地域では、保守的なイスラム文化も根強い。

BLACKPINK(ブラックピンク)は、来年1月にはインドネシアの首都ジャカルタで公演する予定となっている。




ページ上部へ戻る