ステージで2019年の再会とさらなる活躍をファンと約束!「PENTAGon MOVINGon」で見せた多様な魅力 【オフィシャルレポート】

韓国、日本はもちろん、世界中から多くの人気を集めている多国籍ボーイズグループPENTAGON(ペンタゴン)のイベント「PENTAGon MOVINGon(ペンタゴン ムーヴィンゴン)」が2018年11月25日(日)中野サンプラザで行われた。

2016年10月の韓国デビュー以来、様々なタイプの楽曲で多くのファンを魅了しているPENTAGON。デビュー2年を迎えた記念でもある今回のイベントは、2018年に韓国で発表されPENTAGONの人気を一気に押し上げた大ヒット曲「SHINE」からスタート。中毒性の高いメロディと、ユニークな歌詞にコミカル振付で会場を一気にPENTAGONワールドに引き込む。2曲目の「Pretty Pretty」では、メンバーたちがタイトル通り可愛らしいポーズで愛嬌を振りまいたかと思うと、続く「Gorilla(Japanese Ver.)」では、男らしさ全開の力強いダンスと、楽曲により全く異なる表情と雰囲気で魅せる。

ロックサウンドとファッショナブルなビジュアルのMVでも話題となった楽曲で、ライブではほとんど披露していないという「Critical Beauty」、舞台にかける想いを歌った「RUNAWAY」とスピード感あふれるパフォーマンスの後には、ジンホ、フイ、ホンソクによる日本語バラード曲「忘れられない」、ジンホ、フイ、ホンソク、シンウォン、ヨウォン、イェンアン、キノによる、東方神起が日本でもヒットさせた名バラードをカバーした「Love In The Ice」と、PENTAGONの“声”と“高い表現力”そして“美しいハーモニー”に会場が酔いしれる。しかし、その直後、強烈な赤い照明が会場の雰囲気を一変させる。重いビートと共に、ステージにはストリートファッションを完璧に着こなしたウソクとユウトが登場。「Rap unit」でほれぼれするラップで会場を一気に盛り上げた。

その後も、柔らかなメロディが心地よい「Violet(Japanese Ver.)」、パワフルな管楽器サウンドが印象的な「Can You fell it」、韓国では優柔不断のイメージの象徴だというアマガエルをコンセプトに、ストーリー性のあるステージングでも話題となった最新曲「Naughty boy」、メンバーとファンの一体感がたまらない一緒に盛り上がる楽曲「Thumbs Up!」、そして「SHINE(Japanese Ver.)」まで、万華鏡のように変化する魅力的な楽曲とステージで多くのファンを楽しませた。

イベントの合間に設けられたトークコーナーでは、日本人メンバーのユウトがメンバーに日本語を教えつつ終始リード。この日が久々のステージとなったイェンアンはじめ、この日を楽しみにしていたというメンバーたちと、デビューが決まった時の心境や、芸能人になって嬉しかったなぁと思ったことや、共同生活を通じて知ったメンバーの不思議な行動など、ここでしか聞けないまさしく等身大の話題で大盛り上がり。

さらに、イベント中には2019年2月にU CUBEよりメジャーデビュー曲となる日本オリジナルシングル「COSMO」の発売と、2019年1月から2月にかけてPENTAGON初の日本ツアーとなる大阪、名古屋、東京、福岡を回るZeppツアー「PENTAGON The first Japan Zepp tour -Dear COSMO-」の開催も同時発表され、会場に詰め掛けたファンから大歓声が。2019年、PENTAGONがどんな姿で再び日本のファンの前に現れるのか、楽しみに待っていてほしい。        (テキスト:平松道子)

■セットリスト
1)SHINE
2)Pretty Pretty
3)Gorilla(Japanese Ver.)
4)Critical Beauty
5)RUNAWAY
6)忘れられない/ジンホ、フイ、ホンソク
7)Love In the Ice(原曲:東方神起)
/ジンホ、フイ、ホンソク、シンウォン、ヨウォン、イェンアン、キノ
8)Rap unit/ウソク、ユウト
9)Violet(Japanese Ver.)
10)Can you feel it
11)Naughty boy
アンコール
12)Thumbs Up!
13)SHINE(Japanese Ver.)
PENTAGon MOVINGon(ペンタゴン ムーヴィンゴン)
日時:2018年11月25日(日)
【1部】13:00開場 / 14:00開演  【2部】17:00開場 / 18:00開演
会場:中野サンプラザ
主催:Ganada Company & Cube Entertainment Japan
主管:Contents Range, Live Range
制作:Mdash
運営:バッドニュース
協力:Ganada Company Japan



ページ上部へ戻る