マ・ドンソク、父の借金に関する報道に「借金は全て返済済…法的、道義的責任を最後まで負う」

俳優マ・ドンソクが、父の借金に関連する報道に対して「借金は全て返済しており、他の問題が生じた場合、法的、道義的責任を最後まで負う」との立場を明らかにした。

俳優マ・ドンソクの所属事務所TCOentは、29日、報道資料を通じて「2010年頃、父親のビジネス上の投資目的で受け取った金額をお返しする予定だったが、金額の一部が事実と異なる部分があり、その部分に関して裁判を行い、判決によって返済すべき金額のすべてを支払い完了したことを俳優マ・ドンソクの父と担当弁護士、そして判決文を通じて確認した」とした。

そして、「それ以外に責任がある場合は、マ・ドンソクは息子として被害にあわれた方に法的、道義的責任を最後まで行い、所属事務所もこれを円満に解決するために最善を尽くして努力します」と伝えた。

これは、今月28日、韓国メディアが、マ・ドンソクの父親が知人であるA氏の老後資金とされる約5億ウォンを受け取って横領したと報道されたことを受けてのものだ。A氏の親族は、夫と死別後、一人で一生をかけて貯めてきた老後資金5億ウォンを昔、同窓生であったマ・ドンソクの父親が騙し取られ、そのショックから倒れたA氏はその後、療養所で過ごしているとしてマスコミに訴えた。

マ・ドンソクは、今年公開された「神と共に-因と縁」、「ファイティン!」、「ワンダフルゴースト」、「町の人々」、「興奮した雌牛」に出演しており、現在も「悪人前」、「バッドガイズ-悪い奴ら-:ザ・ムービー」を撮影中、韓国映画・ドラマで大活躍している。




ページ上部へ戻る