SUPER JUNIORイトゥク、24日に急性胆嚢炎で緊急手術「SMTOWN LIVE 2018 IN OSAKA」不参加に

写真:SUPER JUNIOR(スーパージュニア)イトゥクのSNS

SUPER JUNIOR(スーパージュニア)のメンバー、イトゥクが24日、急性胆嚢炎の手術を受けた。

24日、韓国メディアは、関係者の話として、「イトゥクが24日午前5時頃、激しい腹痛を訴えてソウルのある病院を訪れ、急性胆嚢炎の診断を受けた」と報道した。またこの報道によるとイトゥクは、すぐに処置が必要な状態という医師の診断に基づき、すぐに手術を受け、現在、安静にしているとのことだ。

関係者は、「現在、イトゥクの健康状態は、良好で、状況を見て退院する」と伝え、「術後の安静と治療に専念するため、全公演の出演を急きょ見送らせていただくこととなった。今週予定されていたすべてのスケジュールはキャンセルとなる」と説明した。

これによりイトゥクは、28〜30日まで大阪で開催される「SMTOWN LIVE 2018 IN OSAKA」のコンサートは不参加となった。




ページ上部へ戻る