JYJユチョンの元婚約者ファン・ハナ氏、サイバー名誉毀損とほう助・教唆罪容疑で告訴される

JYJのメンバー、ユチョンの元交際相手のファン・ハナ氏がサイバー名誉毀損とほう助・教唆罪容疑で告訴された。

23日、ソウル・瑞草(ソチョ)警察署の発表によると、ファン・ハナ氏は、20代女性のA氏に対してサイバー名誉毀損とほう助・教唆罪の疑いで21日に提訴された。
警察関係者は、「ファン・ハナ氏が、サイバー名誉毀損で告訴状が受理されたことは合っている。調査を進める計画だ。詳細については明らかにできない」と伝えた。

報道によると、ファン・ハナ氏は知人を動員し、自身を誹謗するアカウントのユーザーがA氏であると錯覚、知人を動員してA氏に対し人身攻撃及び、侮辱的な書き込みを掲載するよう教唆したとして、A氏は、ファン・ハナ氏の行動に精神的に大きな傷を受けたと告訴したという。
告訴状でA氏は「ファン・ハナ氏の行動で、極端な行動をとろうかと思うほど大きな衝撃を受けた」と訴えた。

南陽(ナムヤン)乳業創業者の孫娘であるファン・ハナ氏とユチョンは、今月15日に破局したことを公式に明らかにした
ファン・ハナ氏は芸能人ではないものの、韓国人であれば誰もが知る「南陽(ナムヤン)乳業」の創業者の孫娘であること、そしてユチョンとの熱愛や結婚報道により、世間から大きな注目を集めた。




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る