Jinusean(ジヌション)のSEAN(ション)、これまでの寄付総額は45億ウォンに!

写真:KBS 2TV「1対100」

Jinusean(ジヌション)のメンバー、SEAN(ション)がこれまでに寄付した総額45億ウォンについて「全く惜しくない」と述べ、注目を集めた。

SEAN(ション)は、最近、KBSのクイズ番組「1対100」の収録に参加した。

同番組の収録で、MCのジョ・チュンヒョンアナウンサーは、SEAN(ション)に対し「今までの寄付金額が約45億ウォンだが、この程度の金額になると思っていましたか?」と質問した。

これに対してSEAN(ション)は、「全く考えていなかった」とし、「私たちに分かち合いは、1日1万ウォンだ。私たちがすることができる中で、毎日行うと、その後の小さな奇跡が起こるのだ」と答えた。

ジョ・チュンヒョンアナウンサーが「惜しくないのですか?」と尋ねると、SEAN(ション)は、「もったいないと考えたら出来ない。十分に値打ちあるものに使われていると考えている。45億ウォンで何をしたらもっと幸せになるだろうか?と考えてみると何もない」と告白し、収録会場を温かい気持ちにさせたという。

「1対100」の収録は、ノ・サヨン、イムソン夫婦に続く、家族特集第2弾として行われた。

SEAN(ション)は、妻で女優のチョン・ヘヨンと共に様々な活動を通してボランディアや寄付活動を積極的に行っている。

結婚10年Jinusean(ジヌション)のSEAN(ション)&チョン・へヨン夫婦の家族エッセイ本「今日もっと幸せ」




ページ上部へ戻る