「SUPER STAR K2016」、イ・ジウンを破ってキム・ヨングンが優勝!

写真:Mnet「SUPER STAR K 2016」

「SUPER STAR K 2016」の挑戦者キム・ヨングンが優勝した。

今月8日午後、Mnetの生放送で放送されたオーディション番組「SUPER STAR K 2016」で最終勝者が発表された。 「智異山(チリサン)の少年」として初回から視聴者の注目を集めたキム・ヨングンがその勝者となった。

同日放送された決勝戦では、最終的にキム・ヨングン、イ・ジウンの2人によるデュエット舞台、自由曲ミッション、実力派ミュージシャンとのコラボステージなどがおこなわれた。自由曲ミッションでは、キム・ヨングンはDyanmic Duo(ダイナミックデュオ)のメンバーGAEKO(ゲコ)と息を合わせ、Crush(クラッシュ)の「Hug Me」を歌った。

一方のイ・ジウンは、ユ・ソンウンと息を合わせ、トゥルグックァ(野菊)の「朝が明けるまで」を歌った。続いて、自由曲のステージでは、審査員の評価と点数も公開され緊張感を加えた。

視聴者からのメール投票50%と審査員スコア50%からなる最終的なスコアによって優勝は、キム・ヨングンとなった。

優勝したキム・ヨングンは、「良い人々に出会い、多くの経験をさせて下さって感謝している。両親も信じて、応援して感謝している」と優勝の感想を語った。

準優勝者となったイ・ジウンも「知らない間にここまできた。夢のようだ。一緒に苦労した友人たちに出会うことができて、光栄だった」と熱い涙を流した。

「SUPER STAR K 2016」の優勝者となったキム・ヨングンには賞金5億ウォンと7人の審査員が参加したデビューアルバムの制作の機会が与えられる。

ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません